fc2ブログ
2015-02-28

企業理念とお家騒動

現在世間の注目を集めているのは「大塚家具」の経営方針を巡るお家騒動。

創業者である大塚勝久会長娘であり現・社長でもある久美子氏の両名が、

「社長解任→就任」をお互いに繰り返していることで注目を浴びている訳です。



一族が代々経営している「ワンマン企業」で身内同士の内紛は珍しくなく、

会社の行末を考えれば「意見の相違やぶつかり合い」が起こるのは当然ですし、

経営方針において信念を貫き通せない人間は「経営者」としては失格ですが、

今回の大塚家具における「親子バトル」は少々常軌を逸している気も致します。



そもそも勝久会長が創業時から貫き通してきた「完全接客の高級志向」は、

「大塚家具の企業理念」であり創業者本人が生きている現状において、

間違いなく「創業者の一次情報」として揺るぎない信念であると言うことです。



現在は「ニトリ」「IKEA」のような手軽に来店できるリーズナブルな価格の家具が、

一般人からの圧倒的なシェアを誇っていることから久美子社長が改革を試みたようで、

上記した2社に対抗できる「手頃な価格の家具」に一部路線を変更しようというもの。

確かに企業が生き残りを賭け従業員を守るためには方針転換も必要ですが、

それではお父さんが築き上げた「高級志向」を根底から覆すことになる訳で、

『もはや大塚家具とは呼べないのではないか?』と義理堅い私は思う訳です。



『売り上げが低迷しているのは相手が悪い』とお互いを誹謗中傷し合っている双方。

『実の親子が何をやっているんだ?』と呆れ返っている方も多いと思いますが、

皮肉なことに知名度が一気に上がったことで大塚家具の株価は急上昇中ですw

・・あんたらまさか、これを狙って一芝居打ったんじゃねェだろうなっww



もっとも大塚家具は富裕層や芸能人が従来からの「主な利用者」ですから、

デフレ下で売り上げを伸ばしてきた「牛丼チェーン」「100円寿司」などと同様に、

「ニトリ」「IKEA」は創業当初から取り込みたい客層がそもそも違う訳ですから、

私は広報活動にもお金をかけ「大塚ブランド」を守り続けるべきだと考えます。



今後日本がデフレから脱却できるようになれば「高級志向」の利用者も増えますし

「血を分けた親子同士」ですから最後は上手く折り合いをつけて欲しいものですが、

経営方針などを巡っては3月に開催される「株主総会」に委ねられるようです。



皆さん素敵な週末を。



 END

スポンサーサイト



   

コメント

今日は飲むぞ

優人の祝勝会だし、、、向井の残念会だね。

久しぶりに今日は痛飲すっぞ!

Re: 今日は飲むぞ

ポッチンさん、飲みましょう(≧∇≦)

それでは後ほどw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/982-3f4db042
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground