fc2ブログ
2015-01-16

「クロストレーニング」の重要性

「クロス〇〇~」という言葉はビジネスなどでも用いられますが、

「ある1つのトレーニング」だけでは補いきれない部位などに対し、

他ジャンルのトレーニングを組み合わせることで筋肉や骨格など、

総合的なバランスを保ちましょうというのが「クロストレーニング」の目的です。



私がフィットネスクラブに勤めていた頃ジムで「マシンエクササイズ」のみを行う方や、

プールで「スイミング」のみを行い帰られる方なども多く見受けられました。

もちろん「話しかけないでくれオーラ」を発している会員さんに対しては、

「付きまとうショップ店員」のように余計なお世話となってしまうため安全面にのみ気を配り、

会員さん自らが質問してくる以外は必要以上に声を掛けないようにしていましたが、
 
特にプールしか利用しない会員さんには「ジム」「エアロビクス」等を薦めていました。

「正会員さん」であれば全ての施設が営業時間内に何度でも利用できましたから、

『正会員の特権をフルに有効活用して下さい』と言う意味合いも勿論ありましたが、

私は当時から「プロ意識」が強くトレーナーの立場に立ってアドバイスをしていた訳です。



仮に「骨折した後のリハビリ」がきっかけで入会された方であれば、

確かにプールでのエクササイズは理想的なトレーニングかもしれません。

しかし浮力の働きにより「骨への負担を軽減する」という本来のメリットも、

片寄ったトレーニングだけを繰り返して行えば逆にデメリットとなってしまいます。

骨に「適度なストレス」や「刺激」を与える行為は「骨粗鬆症」の予防に欠かせません



また『1度も利用したことがないので不安』という女性会員さんも多く、

私がジムに入るシフトの日に時間を約束して「インストラクション」をしていました。

特に初心者の女性会員さんがジムを利用したがらないのは、

「ウエイトトレーニングをすると筋肉がムキムキになる」という誤解からです。

「軽負荷×多回数」で引き締まった肉体を作るトレーニング方法であったり、

バストアップや体型を維持させるためのジムエクササイズを提供していました。



「エアロビクス」はコースによって肉体的な負荷も変わってきますが、

(有酸素運動~軽い負荷の筋トレ~ストレッチ)までを通しで行いますから理想的です。

コースも初心者~上級者までと幅広いため後は担当インストラクターの腕次第です。



「スイミングスクールのみ」の会員さんだけは残念ながらジムの利用ができなかった為、

『ウォーキング等のエクササイズを「+α」日常生活に取り入れるようにして下さい』と、

アドバイスしていましたからウォーキングをしながら来館される会員さんもいたほどで、

『トレーニングの効果が出た』とお礼を言われる度に嬉しくなったことを思い出します。



本日もお疲れさまでした。



 END

スポンサーサイト



   

コメント

ライザップだっけ?

赤井さんも見事に引き締まったよね。


、、、俺も稲さんにコーチング受ければビルドアップするかな?
 
キツそうだから嫌だな、やっぱり。

Re: ライザップだっけ?

ポッチンさん、俺は「去るものは追わず方針」ですww

ポッチンさんは空手家なので格闘筋を養うべきですね。

尊敬する師匠のもと日々精進に励んで下さい( ̄^ ̄)ゞ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/939-8993f77e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground