fc2ブログ
2015-01-14

沈黙の株式相場

本年の株式市場も昨年同様、年初に付けた高値を上回ることなく軟調推移中。

先週は自律反発をみせる場面も見受けられましたが高値を更新することはなく、

欧州情勢懸念原油安を背景に売り込まれ続けている米国株に連動する形です。



原油安自体は日本にとってプラス材料なのは先日も書いた通りですが、

米国そっちのけで独歩高を演じる力がないというのが現在の日本と言えるでしょう。

とは言えカラ売りを仕掛ける水準でもなく機関投資家も動き難いのが実情であり、

本日も安く寄り付いた後は小動きが続いており売り方と買い方の睨み合いが継続中。



巨額な資金を動かしている機関投資家ヘッジファンドにとっては、

商売にならない相場展開と言え昨年の運用成績がマイナスだったファンドもあり、

顧客に怒鳴られる心配のない我々個人トレーダーは下手に仕掛けないのも一考です。

私が午前中に記事を更新するのはおそらくこれが初めてのことだと思いますが、

それ程「買い上げられず、売り込まれず」の頓着状態が続いているということです。



「風のない日に波乗りはできない」という記事を過去に書いたことがありますが、

これは相場にも当てはまることであり株価が上下どちらの方向に動いて行こうとも、

それを押し上げる(下げる)だけの勢いがマーケットには必要であると言うことです。



いずれにせよ永遠に黙り続ける相場はありませんから風は必ず吹きます。

上下どちらであれ乗り遅れないよう現在はタイミングを見計らっているところです。

それにしても日本の株式市場は弱過ぎますね。

やはり日本政府への不信感が積極的な投資を躊躇させるのでしょう。

国内外共に今年も波乱要因は幾つも控えているようですが、

そこに大きなチャンスがあることも相場の醍醐味であると言うことです。



本日もお疲れさまでした。



 END

スポンサーサイト



   

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/937-ff5f747e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground