fc2ブログ
2014-12-20

素人ほど見せたがる

私の日課であるロードワークですが最近は日照時間の縮小や、

ブログの文脈が気に入らず書き直したりしているうちに時間をロスし、

結局は日没を迎え『あーっ!もういいよっ!!』と断念する日も多くなりました。

それでも週2~3回は走り込んでおりますから後は日が伸びるのを待つ他ありません。



上記したような近況で日々を過ごしている私ですが同じコースを走っていれば、

名前は知らずとも毎回顔を合わせる人や信号待ちでスクワットをする親父など、

様々な人間模様を目にする訳ですが先日久しぶりに「面倒くさい男」が現れました。



ロードワークのコース内で横断する必要のある交差点が赤でしたから私は一旦停止し、

隣には先に信号待ちをしていた黒縁のメガネをかけた30代半ば風の男が居た訳です。

その間に「ふくらはぎを伸ばすストレッチ」を行うのが私の日頃からの習慣ですが、

私が来るまで普通に突っ立っていた隣のメガネ男が突然シャドーボクシングを始め、

『・・・何だコイツ?』と元プロボクサーでトレーナーでもあった私は唖然とさせられます。



ロードワークに限らず外出する際、私は必ず「つばの長い帽子」を被ります。

これは他人と目が合ってケンカに発展するのを防ぐためと「万が一の場合」に備え、

相手をぶっ飛ばしても「できるだけ素顔を記憶されないようにするため」でもある訳です。

おそらく、このメガネ男は上記したように「顔が見えない私の威圧的な雰囲気」を察し、

『俺はボクシングやってんだぞ!!』と見せ付けるために一芝居打ったのだと洞察でき、

これに似たような出来事は過去に数回ほど経験しておりますから間違いないでしょう。

皆さんも「自分が意図していないことで勝手にライバル視された経験」はあるはずです。



え?そのメガネ男の腕前ですか?・・・ド素人丸出しでした。

もちろん彼は私が元ボクサーだったとは知らずに行っていたのでしょうし、

このような「次元の低いハッタリ」にプロが反応する必要などない訳ですから。

読者の皆さんも仕事やスポーツなどで「長い経験を積んできた分野」であれば、

「リズム」や「正確さ」や「スピード」を観ただけで相手のレベルはすぐに解るはずですし、

プロであるほど人前でいちいち腕前を見せて自慢するような行動は取らないはずです。



故に「素人ほど見せたがる」と言え本人が得意げに披露しているその隣で、

正体を明かさない「その道のプロ」に心の中で大笑いされているとも知らずに。

BARで飲んでいる時も間違った知識を自慢げに語るお客を時々見かけますが、

無言で飲んでいる私を含めた数人の常連客には心の中で笑われている訳です。

「少々かじった程度のこと」を人前で自慢げにひけらかすのは恥をかくだけですし、

「その道の奥深さを知っている者」ほど謙虚で控え目になって行くものです。



皆さん素敵な週末を。



 END

スポンサーサイト



   

コメント

007のマティーニ

ヴェスパーのマティーニって言うの?

格好つけて、「ステイしないでシェークして」なんて、、、

何だよ、ステイって。ステアーだろ。

生き恥だよ、、

Re: 007のマティーニ

ポッチンさん、やっちゃいましたね(≧∇≦)

それでも皆、同じような経験はありますし、

恥をかきながら成長して行くんでしょうね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/912-64ce329d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground