fc2ブログ
2014-11-23

ドンキホーテ・ドフラミンゴ






本日は人気漫画「ONE PIECE」についての記事となります。

このコーナーはブログ開設当初より私が度々書き綴ってきたもので、

「ワンピースの今後」について私なりの根拠に基づき1人で勝手に熱く語る記事です。

文頭に掲載した画像は自宅にある「ワンピース関連フィギュア」の1つで、

主人公のルフィにとって最強の敵の1人でもあるドンキホーテ・ドフラミンゴです。



そして、ここから先は「週刊少年ジャンプ」の今週号についても触れて行きますから、

前回同様「ネタばれNG」の方は決して読まないで下さいと予めお断りさせて頂きます。

今年も沢山の予想を的中させてきた訳ですが、それはおそらく私だけではないでしょう。

単行本を何度も熟読されている方であれば登場人物の言動やエピソードなどから、

「ある程度の筋書き」が読み取れるようになっているのがワンピースの特徴でもあります。



今年は「サボは革命軍の幹部として生きている」と「エースのメラメラの実はサボが食う」、

そして「ドフラミンゴはイトイト(110×110)の実の能力者である」を事前に的中させました。

まだ物語には登場していない予想がいくつか残されておりますが1つだけ明らかなのは、

前回の「ワンピース記事」に掲載した私の予想が残念ながら外れてしまったということです。



主人公のモンキー・D・ルフィを含め「名前にDのイニシャル」が付く海賊が数人おり、

おそらくドフラミンゴも「ドンキホーテ・D・フラミンゴ」ではないか?というのが前回の予想。

しかし今週号でドフラミンゴと決戦中のトラファルガー・ローが自分の正体を明かした訳です。

ドフラミンゴに向かって「ルフィ同様、俺もDの隠し名を持っている」という趣旨の発言でした。

この筋書きを読む限りドフラミンゴがDの名を持つのは「つじつまが合わなくなる」ため、

『前回の俺の予想は残念ながら外れたようだ』と昨日ジャンプを読んで納得致しました。



未だにその謎は明らかにされていない「Dの意思」と呼ばれている言葉の持つ意味。

しかし、これまでのストーリー展開で解明されてきた部分もあります。

それは「Dの名を持つ人間は強運の持ち主である」ということに加え、

「誰も逆らうことのできない天竜人にとって唯一の天敵である」というもの。

天竜人は日本で言う「戦前の天皇陛下とその一族」と同じ立場にありますから、

彼らに逆らうということは「神に逆らう行為」とみなされるため誰も手出しできない訳です。



その天竜人が「Dの存在を恐れ抹殺しようとしている」という噂があり、

自身が元・天竜人であったことを明かしたドフラミンゴにとっては「運命に導かれし者」、

ルフィとローが自分を滅ぼす最強で最大の敵になるということを物語っている訳です。

勿論ドフラミンゴは『そんなものはただの迷信だ』と今週号で一蹴しましたが、

前回の戦いでドフラミンゴに敗れた「かつての部下」でもあるローの攻撃が、

少しづつ通用し始め今週遂に無敵のドフラミンゴにダメージを与えたところです。



「ドレスローザ編」もいよいよ終盤に差し掛かってきたようですが、

「ドフラミンゴとは今回のシリーズで決着が付くのか?」次の展開が気になるところ。

本日も「ワンピース・マニア」にしか解らない記事を書いてしまい大変恐縮ですが、

恐縮ついでにもう1つだけ「キュロスの失くした片足、ロビンの能力で生やせば?」と、

勝手に解決策を考えてしまった私のネタを理解できる人はやはりマニアの方だけですw



皆さん素敵な休日を。



 END

スポンサーサイト



   

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/886-e36f1f5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground