fc2ブログ
2014-11-17

「増税先送り」どころではない

「消費増税」の判断材料とされていた7~9月期の実質GDP成長率ですが、

大方の予想を更に下回り「年率で1.6%減」と2四半期連続のマイナス成長となり、

今春より実施された消費増税後も景気低迷状態が続いていることが明らかとなりました。



野党からは『アベノミクスの失敗だ』と非難を強める声も上がっておりますが、

私はアベノミクスが失策だとは思っておりませんし日銀による金融緩和にも賛成です。

しかしながら『景気回復が完全に確認できるまで増税するべきではない』ということを、

春の増税前から訴え続けてきましたし「増税反対派」も全て同じ見解を持っておりました。



「予想以上に悪い」というのは物凄いネガティブインパクトであり、

『増税先送りどころか増税凍結もしくは減税』という声まであるようです。

『だから増税は止めとけって言ったのに・・・』と反対派は大変失望していることでしょう。

「アベノミクスはアクセル」で「消費増税はブレーキ」だと以前から申し上げてきましたが、

「過去の消費増税後に景気が良くなったことはない」という実例があるにも関わらず、

やはり安倍内閣も「財務省の圧力に屈する」という選択肢以外なかったのでしょうか?



明日以降の安倍総理の動向に大きな注目が寄せられておりますが、

いずれにせよ「景気回復は依然として険しい道のりである」ということを、

今回のGDP成長率発表により私達国民に再認識させるきっかけとなった訳です。

「大臣の相次ぐ不祥事」も全て潜り抜けてきた「磐石内閣」に再び暗雲が差し込みました。



もちろん野党が支持されている状況にもありませんから解散総選挙については、

『それでも自民優勢か?』と私は考えておりますが万が一ということも考えられます。

しかし選挙費用の問題なども含め『大義がない』と厳しい批判に晒されている現状では、

ますます「解散し難い状況」に追い込まれていることも事実であるということです。

『安倍内閣はこのピンチをどう回避するのか?』再び手腕が問われることになります。



本日もお疲れさまでした。



 END

スポンサーサイト



   

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/880-edcbb2b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground