fc2ブログ
2014-11-08

「爆音単車小僧」が私に一礼

日々ブログを更新し、8~10㎞のロードワークに出掛けるのが私の日課です。

昨日は『早めに出発します』などと記事に書いておきながら結局は出遅れてしまい、

雑用に手惑った後16時30分を少し回ったところで慌てて外に飛び出すという始末。



折り返しポイントで日没を迎えることは間違いありませんでしたから8㎞コースを選択。

普段は車や人混みを避けるべく「表通りから1本内側にある道」を併走して行きますが、

街灯や人通りの少ない中道は「不審者ロード」に変わってしまうため止む無く表通りを走行。

通行中の女性にはかろうじで叫ばれることなく残り1.5㎞付近まで無事に到着した時です。

赤信号に捕まった私は力士のように足を開き「腰を捻るストレッチ」をしていたところ、

青信号の右手より『ヴォンボボボボボボッ!ヴォンボボボボボボッ!!』と重低音が響き、

遠くに目をやると単車に乗ったお兄ちゃんが低速走行で2台こちらに向かって来ていました。



丁度退屈していた私は『あ~ケンカ売ってこねェかなぁ・・・』などと面白がりながら、

ストレッチをした状態で下から見上げるような格好で道路の側面に立ち出迎えます。

1台目のお兄ちゃんは私と目を合わせることもなく真正面を向いたままで通過して行き、

2台目のお兄ちゃんは私と目が合った瞬間に単車を吹かすのを止め「私に一礼」すると、

先程までの爆音を極力控えるような走行で静かに立ち去って行き私も拍子抜けしましたww



そういえばサラリーマン時代にも洗車場を横切った「小うるさい原チャリ小僧」を睨んだところ、

やはり私に一礼し下を向いたままで通り過ぎたお兄ちゃんがいたことを思い出しました。

私は漫画の「湘南爆走族」世代ですから互いが目を逸らさなければ「ケンカ上等」のサインで、

若気の至りではありますが陰湿なイジメなどもなく、それはそれで良い時代だったと思います。



しかし最近の若者は威勢が良いわりには「なんちゃって」が多いように感じますし、

まるで『ゴメンナサイ』と言わんばかりに頭を下げられると逆にこちらも困惑させられます。

『え~・・・さっきまでの勢いは何だったのよ?』と男としては情けない気持ちになる訳です。

「自分が大好きで取り組んでいること」に対しては最後までスタイルを貫いて欲しい、

「相手が格上かどうか?」で態度をコロコロ変えているようでは「強い男」にはなれません。

そんなことを考えながら、すっかり暗くなってしまった帰路を足早に立ち去る立冬の夜でした。



皆さん素敵な週末を。



 END

スポンサーサイト



   

コメント

顔が、、、

怖いんだよ。

、、、それでも稲さんとか佐々木さんなんかは、刺青背負ったヤクザと同じで、「近寄ると危ないですよ。」って顔に書いてあるんで親切ってもんですよね。

ボクサーって人種はなんだかんだ言っても、真面目に練習するヤツが強いから、ひょろひょろのいじめられっこみたいな顔で怖ろしく強いのもいるから、油断大敵です。

Re: 顔が、、、

ポッチンさん、お互いさまですww

性格上どうしても根性があるか試したくなるんです。

小柄でも堂々としている人は沢山いますし、
俺達格闘家はハッタリが通用しない世界ですからね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/872-1f3489fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground