fc2ブログ
2014-11-04

「マッサン効果」とウイスキー






「ニッカ・ウイスキー」の創業者である竹鶴正孝氏。

スコットランドでウイスキー造りを学び、現地で知り合った妻のリタさんと共に日本へ帰国し、

創業に至るまでの実話を基に制作されたNHK連続テレビ小説「マッサン」が高視聴率とのこと。



竹鶴氏の物語は数年前に読んだことがあり、ウイスキー好きな私達夫婦も観ております。

『なぜ登場人物が実名ではないのか?』が疑問点ではありますが、

「マッサン人気」に伴って日本でもウイスキーの売り上げが好調のようです。

私はスコッチなら「シングルモルト」が好きで、その中でも「アイラ・モルト」のファンですが、

本日の記事には「ニッカ・ウイスキー」を載せなければタイトルにそぐわないと判断し、

我が家の酒蔵(?)を探し回ったところ残り僅かの「竹鶴」を1本発見し撮影致しましたw

因みに全盛期の竹鶴氏は自社製造の「ハイ・ニッカ」を毎晩ボトル1本空けていたそうですww



数年前からの「ハイボール・ブーム」も手伝い「ジャパニーズ・ウイスキー」が注目されるのは、

大変素晴らしいことだとは思いますが「ハイボールの定義」は近年変わってしまったようです。

「ハイボール」とは従来カクテルの一種であり「バーボンウイスキーのソーダ割り」でした。

「ベースになるウイスキーはバーボンである」と古いカクテルレシピには記されておりますが、

最近の本には「ウイスキー」としか書かれておらず流行にかき消された格好のようです。



モルトウイスキーとバーボンウイスキーでは「香り」が180℃違うため全く味が異なります。

ですから本格的なBARでは今でもバーボンの銘柄をベースとして使用しておりますから、

居酒屋などにある「角ハイボール」という言葉は日本人が考えた「造語」であるということです。

また、赤ワインで有名になった「ポリフェノール」はウイスキーにも含まれておりますし、

糖質は「全アルコールを24gで統一した場合」に僅か「0.002~0.014g」と最も少なく、

プリン体も僅か「0.2%」とビールやワインと違ってアルコール以外のカロリーは殆ど0です。

一応「基礎知識」として覚えておきましょう。



最後になりますが「マッサン」は毎日HDDに予約録画されておりますが、

「おっかけ録画」の機能が付いているにも関わらず時々録画されていないトラブルが。

民放番組は時間変更に対応してくれますが「NHKの電波」には反応しないのでしょうか?

「放送受信料」をきちんと納付している私としては非常に不愉快な思いです。



本日もお疲れさまでした。


 END

スポンサーサイト



   

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/869-08c7b7cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground