fc2ブログ
2014-09-25

配当取りと売りヘッジ

本日の株式市場は株主優待や配当金に対する「権利付き最終売買日」でした。

それらが相場を下支えする形となり朝から買い優勢のままで終日取引きを終え、

終値は前日比206円69銭高の1万6374円14銭と再び年初来高値を更新致しました。



私も「配当取り限定」でトレード銘柄以外から「高配当銘柄」を選出しましたが、

現在の日本市場は株価も割高圏にあることから資産家でもない限り受取り額は少なく、

明日は間違いなく下落して始まりますから今回も現金化したままで保有は見送りました。

「アベノミクス相場」の初動段階では株価も割安でしたから株式の保有数も多く、

昨年の配当などは1銘柄だけで20万円以上(税別)もの金額を受け取っておりました。

しかし「高配当銘柄」に割安なものは1つもなく「高値掴み」であることは明白です。

サラリーマン時代であれば収入がありますから「株価の戻りを待つ」こともできましたが、

専業となった今「資金を回転させられないこと」は愚行以外の何ものでもありません。



もちろん仕事をしながら「株主優待を受け取るため」に株を保有されている方なら、

私達トレーダーとは目的が違う訳ですから「日々の上げ下げ」など気にする必要はなく、

仕事での収入がある訳ですから長期に渡って持ち続けるのも選択肢の1つだと思います。



また、本日のタイトルにもありますが「もしも配当取りをした場合」を想定し、

買いポジションと同数のカラ売りを「無配銘柄」に仕掛けるというヘッジもできました。

これで「下落分の利益と損失」が相殺できるのであれば朝一で躊躇なく手仕舞う訳です。

しかし配当金の額を計算したところ『高値掴みのリスクを取る価値はない』という結論に。

明日は「売り」から入るのか?「買い」から入るのか?地合いを睨みながらの判断となります。

勿論チャンスがあれば「配当金以上の利益」を狙える可能性も十分に考えられます。



本日もお疲れさまでした。



 END

スポンサーサイト



   

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/829-87b5b9aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground