fc2ブログ
2014-09-24

圏外の街から・・・






これは2013年1月初旬に私の手の中で絶命した携帯電話、通称「エース」です。

これがきっかけとなり私も「アイフォン」へと機種変更をすることになった訳ですが、

昨日の記事で「携帯メール」について取り上げましたからもう少しお付き合い下さい。



私が「ソフトバンク」の携帯端末ロングユーザーであることは昨日書いた通りですが、

私の携帯電話が当時「Jフォン」という社名で販売されていた28歳の1月の出来事です。

この前年に私の母親が子宮ガンの摘出手術を行い親父から緊急で連絡がありました。

『心配させないように黙っていたけど、万が一のこともあるから』と。

当時3交代勤務の仕事に就いていた私は夜勤明けの足ですぐに帰省しました。

幸い手術は成功し一昨年に亡くなるまで癌が再発することはありませんでした。



この日、盛岡駅から実家がある秋田まで高速バスに乗り換えたところで、

心配してくれた仲間から私の携帯電話へメールが1通届いているのを発見。

返信しようと文章を打ち込み始めたところでトンネルの中に入り携帯は圏外となりました。

私は仕方なく電波の回復を待ってメールを打ち直そうと考えた訳ですが、

盛岡から遠ざかって行くたびに電波はどんどん感度を下げ続け最終的には圏外のままに。



結局実家に滞在していた間はアンテナが立つことはなく私の携帯は使用不可となり、

帰りに再び盛岡駅まで移動した際、突然電波が回復し数件のメッセージが届いた訳です。

大体の見当はついておりましたが秋田から帰宅後、私は電波状況を調べてみました。

結論は「秋田県にはドコモのアンテナ以外は存在せずショップもドコモ以外にない」です。

『マイナーな携帯電話を持つといかに不便か』を実感した貴重な体験となりました。



あれから14年が経過し「ソフトバンク」としてメジャーなモバイル端末に成長を遂げ、

『何?その携帯・・・ドコモじゃないの?』と不思議そうに言われることもなくなりましたw

それでも秋田では(特に山に囲まれた実家周辺部)は通信速度が恐ろしいほど遅く、

やはりCMでアピールしているような「繋がりやすさNo.1」とは縁のない場所であり、

『私が育った場所は秋田県北部の山奥なのだ』と改めて痛感させられた次第です。



昨日から「ソフトバンク」を批判するような記事を書いてしまった私ですが、

これからもソフトバンクユーザーであり続ける私からの「愛のムチ」だと思って下さいw

尚この記事と「連日ソフトバンクの株価が下落していること」は一切関係ございませんww



本日もお疲れさまでした。



 END

スポンサーサイト



   

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/828-2410b655
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground