fc2ブログ
2014-09-19

株式相場の天井を探る

日経平均株価は昨年末に付けたリーマン・ショック後の高値(1万6291円31銭)を更新し、

今年の年初来高値でもある前日比253円60銭高の1万6321円17銭で取引を終えました。

為替のほうも1ドル=109円台まで急速に円安が進行し異常な過熱感を帯びたままです。



現物株を保有されている方は「含み益」も増加し楽しい休日を迎えられることでしょう。

しかし私は保有していた「買いポジション2銘柄」を本日までに全て手仕舞いました。

来週以降も更なる株価上昇は期待できますが私の知ったことではありません。

私がするべきことは「ポジションの操作」であり「利益を確保すること」であり、

「高値を更新して行く保有株を観て喜ぶこと」などは相場師に必要のない感情です。



もちろん「含み益の大きい銘柄」ということは株価もかなり上がったということですから、

更に粘って値幅を大きく取るということもできますし「やり方は個人の自由」でしょう。

しかし、ここから先の上値追いは「為替」であれ「株価」であれ既に異常値にあり、

きっかけ次第では大きく下げるリスクが伴いますから「長居は無用」ということです。



ここからは「慎重に」そして「勇気を出して」天井を見極めていく作業に入るべきでしょう。

デフレから脱却できていない日本にとって「109円」という円安はもはや危険水域であり、

それに気づかない日本政府の愚かさと楽観的な個人投資家には一抹の不安を覚えます。

先日も書きましたが「消費税の10%引き上げ」により日本経済は再び低迷するでしょう。

あれほど評価された「アベノミクス」の恩恵を「消費増税」が全てぶち壊すことになります。

「日本国債の大暴落」を予見する声もあり「外貨預金」で資産を逃がす動きもあるようです。



私は専門家ではありませんから本日の記事はあくまでも「私の個人的な見解」です。

「株価の値動き」というものは不安要素があるからとすぐに下がる訳ではなく、

材料を織り込みながらジリジリと株高が継続するのは「強気相場の特徴」ですから。

勿論「中長期の投資」を止めた私は材料など一切無視して相場に臨んでおりますが、

「上昇トレンド」が果たしてどこまで続くのか?年末に向けて注視していきたいと思います。



本日もお疲れさまでした。



 END

スポンサーサイト



   

コメント

yuukiさん得意の空売りですね(笑)月曜下がりそうで嫌だけど自分はまだ株を保有してます。

Re: タイトルなし

越川さん、多分大丈夫だと思います。
私が懸念を示せば株価は上がるようですからww

「10%増税」を達成させたい自民党にとって、
支持率維持のために株高を演出する必要があります。
ですから一時的な下げはあっても12月までは、
何としてでもトレンドを維持したい思惑がある訳です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/823-81d41908
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground