fc2ブログ
2014-09-15

無職でも賃貸物件を更新

本日、不動産屋に出向き「賃貸物件の契約更新」を完了させてきました。

2年前の契約時は会社員でしたから賃貸保障の審査は全く問題なかった訳ですが、

今回は『私の収入は株式の売買益のみです』と正直に申告する必要がありました。



賃貸物件のトラブルとしては無職になったことを隠すため「ウソの申告」をしたり、

「ダミー会社」にお金を払って偽造書類を作成してもらうなどのケースもあるそうですが、

賃貸保障システムの審査で不正が発覚した場合「契約の取り消し」もあり得る訳です。

私は何も悪いことをしている訳ではありませんから誠意を持ってきちんと説明致しました。



「株式や先物等の売買益で生活をしている者」を日本では相場師(そうばし)と呼びます。

「専業トレーダー」という肩書きも同義語ですがこれは欧米諸国などから来た呼び名です。

何度も記事に書いてきましたがパチプロ同様これらは職業として認められてはおりません。

「月々の収入が安定していないし保障もない」というのがもっともらしい理由のようですが、

私に言わせれば「個人事業を立ち上げて客商売を始めた人」でさえ収入は安定しておらず、

要は「お金だけを稼ぐ商売は軽蔑視される」というのが認可されない本当の理由でしょう。

ですから私の「収入の有無」に関わらず職業上は「無職」と同じ扱いを受けることになります。



もちろん全てを理解している上で脱サラした訳ですから「万が一のこと」も覚悟致しました。

嫁にも事前に声をかけ『審査通らなかったら出て行くしかねェな・・・』と話したところ、

『いいよ、別に。そしたらそしたで何とかすれば?』と全く動じておりませんでしたww

これが新規契約であれば間違いなく断られますが私には「2年分の信頼関係」があります。

後はきちんと誠意を持って説明しようと両耳のピアスを外し身なりも整えて出向きました。



想定はしておりましたが不動産屋にて正直に申告したところ、

『そうですかぁ・・・ちょっと賃貸保障システムに問い合わせてみます』と渋い回答。

『やはりすんなりと事は進まないか?』と今後の対応を考え始めていた時に、

『稲垣様・・・そちらの所得は源泉徴収されていますか?』と再び質問を受け、

『はい、証券会社の特定口座で源泉徴収されています。調べて下さい』と答えました。

おそらく、それから10~15分ほど経過したでしょうか?

担当の方が戻って来られ『審査が通りました。職業欄は自営で良いそうです』と、

予想外の回答に思わず私も『え?いいんですか?自営で!?』と不覚にも取り乱す始末w



「賃貸物件の契約更新」の際、不動産業者が観ているのは「借主の人柄や信用度」で、

賃貸保障システムが観ているのは「借主に家賃の支払い能力があるか?」だそうです。

ですから「家賃の滞納や未払い」が続いていたり「近隣トラブルばかり起こす借主」なら、

契約を終了されるケースもあるそうで今回は私が信頼できる人間だと判断されたようです。

「賃貸保障の審査」では学歴や社会的地位などの肩書きは全く重要視されないそうで、

「きちんと家賃を納めてくれトラブルも起こさない人」が良いお客様であるということです。



何はともあれ、無事に賃貸契約の更新が完了したことでホッと一安心しているところです。

そして私の職業欄には「自営」の2文字が刻まれたことを、ここに御報告申し上げますww



本日もお疲れさまでした。



 END

スポンサーサイト



   

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/819-b1e78a44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground