fc2ブログ
2014-09-07

誇り高きボクサー







先週の9月5日(金)にプロボクシングの世界タイトルマッチが行われました。

録画はしておいたものの中継時刻がかなり遅かったこともあり3試合あった中で、

村田選手のノンタイトル戦、世界チャンピオン井上選手の防衛戦と観た後に行われた、

【WBC世界フライ級タイトルマッチ】チャンピオン・八重樫東VSローマン・ゴンザレスの一戦は、

深酒も手伝って不覚にも観ている途中で寝てしまい、結果は知りながらも本日再観戦致しました。



八重樫選手・ゴンザレス選手共に2階級制覇の世界チャンピオンであり、

挑戦者であるゴンザレス選手はこの試合に3階級制覇が懸かっている無敗のボクサー。

アマチュア時代から通算すると120戦以上も勝ち続けてきたニカラグアの英雄です。



壮絶な打ち合いの末、力尽きた八重樫選手が9RKO負けという結果になりましたが、

元プロボクサーである私はこの数年間観た試合の中で一番感動した試合となりました。

無敗の強打者であるゴンザレス選手と最後まで「真正面からのど突き合い」を繰り返し、

テクニックやボクシングの枠を超えた「本物の漢(おとこ)の戦い」だったと言えるでしょう。

八重樫選手の勇気と勝負度胸は戦ったゴンザレス選手が一番理解しているはずです。



ボクシング通で知られる俳優の香川照之さんがゲストとして招かれていましたが、

「正面に立ち過ぎだ」や「ボディ打ちも入れたほうが良い」などと解説者そっちのけで熱弁。

理論としては間違っておりませんが私はあまりにもでしゃばり過ぎる香川さんの解説に、

『そんなことは八重樫陣営だって解ってんだよこのヤローッ!!』と怒鳴ってしまいました。



既にポイントでは完全に負けていた八重樫選手が勝つためにはもはやKOしかありません。

ボクサーには「なりふり構わず倒しに行くしかない」という場面が何処かで必ずあるものです。

私はトレーナーとして選手の育成も経験させて頂きましたからその気持ちが痛いほど解り、

恐縮ながらそれが「理論家であり実践家でもある私」と「理論家である香川さん」の違いです。

もちろん『20年後も記憶に残る名勝負』だと語った香川さんのコメントは評価致します。











新チャンピオン・ゴンザレス選手も王者にふさわしい器と人格を兼ね備えており、

共に拳で語り合った八重樫選手の健闘を心から称えていたことに拍手を送りました。

試合を終えたばかりですし八重樫選手の今後については本人のみぞ知るところですが、

私からは『ひとまずお疲れさまでした』そして『感動する試合をありがとう』と言いたいです。



皆さん素敵な休日を。



 END

スポンサーサイト



   

コメント

同じくテレビ観戦していましたが睡魔に負けてしまい録画で見直しました。
強い相手に真っ向勝負をした八重樫選手は凄かった。
男ならロマゴンに挑め、井岡一翔!

Re: タイトルなし

闘う柔整師くん、なかなかの名言ですね。

確かに井岡のテクニックには文句がない。
あとはそれを飛び越えたメンタルの問題です。

僕も毎回、香川照之の雑音が気になってます、、、
素人にの解説より西岡さんの解説を聞きたいのに(>_<)
雑音のせいで西岡さんが喋れない状況を何とかしてもらいたいです!

Re: タイトルなし

SPANKY君、お久しぶりです。

やはり同じ考えでしたか・・。
チャンピオンそっちのけで話す俳優と、
気を使ってコメントを控える西岡君。

絶対におかしいと思う。

20年くらい前までならば

はじめまして、ネットサーフィンで通りすがりにお邪魔します

香川照之氏の解説ね
確かに20年くらい前までならば、氏のボクシング観戦数は素人の域をはるかに超えていたと思います
ボクシングマガジンの執筆記事を読んでいても明らかでした
でも最近は役者でお忙しそうなので、どうなんでしょうね
役者での知名度をボクシングを盛り上げるために活かしたいとの想いなんでしょうが
西岡氏とは同じ事務所で、エキサイトマッチでもよくコンビ組んでいますね

雑音という意味では、今回実況アナが戦況も読めず騒ぎすぎだと思いました
いっそ実況を香川氏、解説を西岡氏ならば、息のあったコンビでいいかも…

Re: 20年くらい前までならば

カカアコさん初めまして、コメントありがとうございます。

その当時は私も現役のプロボクサーで、
WOWOWエキサイトマッチも観ていましたし、
香川照之さんの知識量も理解しているつもりですが、
最近の「ゲスト解説」としての処遇に関しては違和感を覚えます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/811-5fb7493f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground