fc2ブログ
2014-09-03

「スクワット男現る」の巻

私の日常は「株のトレード」に始まり、取引終了後はこのブログに最新記事を書き綴り、

その後は週に3回の筋トレと雨が降っていなければ8~10Kmのロードワークに出るという、

単純で同じ作業の繰り返しである訳ですが外を走る時だけは他人との接触もあり得ます。



「接触」という表現は私にその意思が無くとも相手側が勝手に寄って来る場合を含みます。

毎日同じ位の時間帯にロードワークに出れば知人ではなくとも顔見知りにはなりますから、

スーパーのガードレールに腰掛け何時間も延々と話し続けるパートらしき女性2人組や、

ラジオを片手にニッポン放送を流しながら犬の散歩をするおばあちゃんなど様々ですが、

名前も所在も判らない者同士「いつものアノ人」というお互いの共通認識はある訳です。



時々追い抜き様に自転車がよろけて私と接触するなどのアクシデントはありますが、

きちんと謝罪してくれればこちらも故意ではないと知っていますから特に腹は立ちませんが、

「自分に何かをしてきた訳ではないのに何故か攻撃したくなるほどイライラする」という、

「絶対に自分とは波長が合わない人間」に出会った経験はおそらく皆さんもおありでしょう。



昨日のロードワーク中、自宅から1Km程度進んだ場所にある大きな交差点で、

赤信号を待ちながらスクワットをしている男がたまたま目に留まった訳です。

その時は特に気にしてはいませんでしたし信号待ちでのエクササイズ等はよくある話し。

しかし、50分程走り込み再びその交差点に戻ってきた私の目に飛び込んできたのは、

50分前にそこでスクワットをしていた「角刈りで赤いポロシャツを着た男」の姿でした。



私はウォーキングか走り込みの途中の信号待ちであると勝手に決め付けていた為、

何故さっきの男が50分も経過した同じ場所に留まっているのかが理解できませんでした。

しかも「信号待ちをしていた」と思われる場所を横断し今度は反対側でスクワットです(?)

しかも通り過ぎる車をボケ~っと眺めながら両手を腰に当てがに股でおかしなリズム。

その独特のオーラと「角刈りでずんぐりむっくり体型」のスクワット男との距離が縮む度、

私の本能は「相手を攻撃したい欲求」に駆られイライラが頂点に達して行くのが解りました。



相変わらず通り過ぎる車をボケ~っと眺めながら『ピョコッ・・・ピョコッ・・・』と妙なリズム。

私はその男の背後に廻り込み、次にピョコッと腰を下ろした瞬間を狙い済まして蹴りを入れ、

「見事相手の金的に釘脚(くぎきゃく)をぶち込む」という欲求を死ぬほどの苦しみで耐え抜き、

何とか「傷害罪で逮捕されてしまうリスク」を回避し命辛々その現場から立ち去ったのでした。

また変な奴が出てきたとウンザリしておりますが、もう2度と会わないことを強く願います。

次に見つけてしまった場合「金的に釘脚をぶち込む」という欲求を抑える自信がありませんww



本日もお疲れさまでした。



 END

スポンサーサイト



   

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/807-40c00d1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground