fc2ブログ
2014-06-17

良い商品と売れる商品は違う

ビジネスにおいて、販売する商品やサービスのクオリティを高める努力は大切です。

ただ、競合他社よりも優れたクオリティを追求することは企業努力としては立派ですが、

皆さんもご存知の通り良い商品を作ったからといって必ずしも売れる訳ではありません。

私は『売れるなら粗悪な商品でも構わない』という意味で記事を書いているのではなく、

『良い商品であることよりも消費者が買いたくなるビジネスプランの方が重要である』

ということが、綺麗事抜きにビジネスで勝ち抜いていくための必要な戦略だと言うことです。



くどいようですが購入する商品はクオリティが高い方が良いに決まっています。

しかし一般人には判断できないような次元の話しであれば後はPRの問題であり、

最終的には消費者側が『あの商品が売れているらしいから買おう』と思えば良い訳です。

仮に専門家が検証し「A社」という会社の商品のほうが明らかにクオリティが高い場合、

「A社」には劣るが同じ商品を販売している「B社」のほうが売り上げが多いのであれば、

消費者に対するPR方法やその他のサービスでB社が勝っているということになります。



マクドナルドよりも美味しいハンバーガーを作れる職人さんは世界中にたくさん居ますが、

それでもマクドナルドがバーガーショップとして世界最大のシェアを誇っていられるのは、

マクドナルド以上に優れたビジネスプランを持った店が無かったことを意味しています。



もちろん私もブランド名よりもクオリティの高い商品や食材の方が良いと思っています。

それでも『良い商品かどうかよりも売れるビジネスプランを持つ会社が勝つ』ということ。

本当に良い商品が売れないのは腹立たしいことではありますがそれが現実でもあります。

だからこそ「良い商品を作り消費者にもしっかりとPRする」というところまでがセットです。

どんなに素晴らしいものができたとしても消費者の目に止まらなければ宝の持ち腐れ。



このような例から見てもソフトバンクの孫社長がいかに優れたビジネスマンかが解ります。

故スティーブ・ジョブズ氏も然り、最後は「いかに消費者の心を掴むか?」で決まる訳です。

以上「売れる商品のメカニズム」を私なりに解説させて頂きました。



本日もお疲れさまでした。



 END

スポンサーサイト



   

コメント

モスバーガー

どう考えてもモスの方が美味いんだけど、、、マックは子供受けするオモチャをつけたり、出来上がりが速い。
木更津のモスは隣に書店があった時は行ってたんだけど、書店がつぶれてから行かなくなっちゃった。

商売って難しいよね、、、

Re: モスバーガー

ポッチンさん、俺もモス派です。

アイスコーヒーもモスが一番美味しいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/729-36e0b883
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground