fc2ブログ
2012-08-03

「北島康介」選手に対して思う事

 今回のロンドン五輪では、惜しくもメダルは逃してしまいましたが、
彼の偉大な業績は、既に皆さんがご存知の通りです。

ボクシングと同じく「選手生命が短い」と言われている競泳で、
3回連続オリンピックに出場し、12年間に渡って「世界で5本の指」に君臨し続けた事は、
もはや「伝説級の怪物」です!


前回、前々回とオリンピックの競泳/平泳ぎ(100m/200m)の二種目で優勝し、
しかも二大会連続金メダル!


ここで引退していても、既に地位と名声を手に入れている彼が、
それでも現役にこだわった理由は、これから金メダルを目指す選手達より、
もっと高い次元のエフィカシーを持っていたからに違いありません。
(エフィカシーについては記事を書いてあります)

 既に頂点に立っている人間は、2番以下の人達の事など気にもしていません。
自分を更なる高みへと磨き上げる事にしか興味がないからです。
批判したり妬みを感じているのは、いつも2番以下の人達だけです

(もちろん、今は1番じゃなくても自分が1番だと本気で信じている人は嫉妬などしません!)

ですから、北島選手が今回のモチベーションの一つでもあった、
最大のライバルであり互いに尊敬し合う存在であった
ダーレオーエン選手の死は衝撃だったでしょう。


 高速水着なしで1分59秒を切った2人
北島選手が金メダルをとった4年前の北京五輪100メートルで、
ダーレオーエン選手は銀メダルだった。
昨年(2011年)の上海世界選手権では、ダーレオーエン選手が優勝し北島選手は4位だった。


互いに世界一のエフィカシーを持っていた二人・・
その最強の相手に勝つ事こそが今回の二人のモチベーションであり、
おそらく彼らの間では「どちらが世界一か」を決める戦いでしかなかったはずです。

結果が出た事に対して「もしも・・」はありませんが、
ダーレオーエン選手が参加していたら、今回の結果は違うものになっていたでしょうね・・。

 最後に一つだけ・・
私の生きているうちに、北島康介のような競泳選手はおそらく出てこないでしょう。
北島選手! 沢山の感動をありがとう!


この後「メドレー・リレー」を残していますし、今後の事などいろいろあるとは思いますが、
ひとまずゆっくり休んで下さい。

スポンサーサイト



   

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/72-c8b3ab32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground