fc2ブログ
2014-04-03

トレードに企業分析は必要ない

私はサラリーマン時代、自分なりに「優良企業」を調べて投資をしてきました。

現在のトレード資金は主に、その時期「中期保有」していた銘柄で得たものです。

タイトルと真逆な話しで困惑されたと思いますが、誤解のないよう説明致します。



「中~長期」で株式を保有する場合「絶対に勝てる条件」は時代が変わっても同じです。

それは「将来の好業績が間違いない企業が大幅な安値圏に放置されている時に買う」こと。

「本当の優良企業」を「企業価値よりも割安な値段」で手に入れることができたのなら、

企業価値に変化がない限り保有し続ければ「いつかは必ず」適正水準まで株価は上がります。

「それがいつか?」まではプロでも判らないことから「投資は忍耐」と言われている訳です。



これで正しい投資判断が理解できたと思います。

故に「短期的な利益」を追求するトレードに「企業分析」が役に立たないのはお解かりでしょう。

『優良企業なのは解っている。ただ、5年後に最高値を付ける株を今買う必要はない」という事。

私は「専業トレーダー」に転身した日から「上昇トレンド以外で株は保有しない」と決めました。

下降トレンドで『いつかは必ず上がるから』と大切なトレード資金が目減りしていくのを、

黙って見過ごしているのはトレーダーとして「時間の無駄」以外の何ものでもありません。



今週の日本市場は全体的には順調に株価を戻してきていますが、

以前記事にしたように未だ「ボックス圏」のままであり反落の可能性は消えていません。

私がトレード銘柄に選んでいる企業は「間違いなく優良企業」ではありますが、

「日経平均」や「TOPIX」の上昇に逆行し、前日よりも値を下げて終了しました。



『優良企業で地合いも良いなら、当然上がるはずだろう?』と考えるのが普通です。

では何故下がるのか?

それは「機関投資家」と呼ばれるプロ達が、その銘柄に「カラ売り」を掛けているからです。

『どうして優良企業を売り崩したりするんだ?』私もサラリーマン時代はそう思っていました。

しかし今はその理由がよく理解できますし、私も同じ考えかたをするようになりました。

彼らは「株主」ではないし、ましてや「優良企業だから」とその株に惚れ込むこともない。



プロにとって「トレードとはビジネスである」ということです。

優良企業の株価が上昇に転じれば「個人の買いが買いを呼び」株価は大きく跳ね上がります。

しかし、買われ過ぎ加熱すれば「いつかは必ず」株価が下げに転じる日が訪れるもの。

彼らはそのようなタイミングを見計らい、個人では太刀打ちできない程の資金力で攻撃するため、

「成績の悪いヘタクソな証券会社」でもない限り「ほぼ高確率で売り崩し」利益を出しています。

現在のような戻り基調は絶好の「戻り売りの急所」となりますから、

機関が買い戻しを完了させていない銘柄に安易に飛びつくのは危険です。



「優良企業でも株価は大きく下がる」というのは、このような理由が要因の一つです。

もちろん「リーマンショック」のように世界経済を巻き込むようなパニックが起これば、

どんなにプロが買い支えていようと真っ逆さまに株価は下落していくことになります。

たとえ資金力で個人を圧倒しようと、プロでさえ制御不能なことはもちろんあります。



私はファンドを設立している訳ではありませんから「プロのトレーダー」ではありませんが、

専業で生活をしている以上、これ位の知識は最低限持ち合わせている必要があります。

私は「無料で配信」していますが、これらは全て「有料情報」に値するものです。

私が「本の著者」や「セミナー講師」ならば、間違いなくお金が取れる情報です。

それでも構いません。

私はトレーダーであり、手数料や報酬で生きている「株の専門家」とは違いますから。

私のブログを毎日観覧して下さる方々への特別サービスですww



「トレードに興味のない方」にとっては退屈な記事で申し訳ございません。

本日もお疲れさまでした。



 END

スポンサーサイト



   

コメント

退屈だ、、

コメネタが無いなあ、、、最近。

3月30日で54になりました。
あと何年空手ができるかしら、、、
考えてる今日この頃です。

Re: 退屈だ、、

ポッチンさん、誕生日おめでとうございます。
私ももうすぐ42歳になります。

日記形式にでもしない限り内容は一巡しましたね。
2年間、自分が勉強したことを書き続けてきただけですから。
また「川柳大会」でも開催しますかww

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/654-49405985
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground