fc2ブログ
2014-04-02

物価は変動していない

「インフレ」や「デフレ」の状態を簡潔に表現する場合に用いられる言葉があります。

皆さんもご存知だとは思いますが「物価が上がる」や「物価が下がる」といった表現です。

方向性を示すのには便利ですが、この表現方法は正しくありません。



私達も学生時代にそのような解釈で認識していたはずですが、未だに不思議でなりません。

「物の価値」とは本来、簡単に変動するものではないからです。

解りやすい例を挙げてみたいと思います。



私が自宅にある畑で野菜の栽培をしていたとして、それを直売所に売りに行ったとします。

毎回極論で申し訳ありませんが、本日がデフレで明日からがインフレになると過程した場合、

ただ日付けを跨いだだけで「野菜の味が格段に美味しくなったのか?」ということです。

昨日まで95円で購入できたキャベツが、翌日からは105円になってしまう。

これを「物価が高い」と表現するならば「キャベツの味が格段に美味しい」ということで、

「キャベツ自体のクオリティが上がったから高くなった」としなければ成立しない訳です。



「物価が上がる」とは、正しく言えばそういう意味です。

故に「物価は変動しない」ということです。



正しくは「品質自体に変化はないが、それに課せられる値段が引き上げられた」ということ。

お子さんなどに聞かれた時は、上記のようなニュアンスまでキチンと説明してあげましょう。

昨日も「消費税の増税問題」で触れましたが「安倍内閣の政策」が失敗に終わった場合、

日本は景気回復を達成することができないまま「悪いインフレ」に突入する可能性が高く、

最悪そうなってしまった場合に「自分達はどう対応すればいいのか?」を考えるべきでしょう。



以上、「物価について」極論を交えて書いてみましたw

どなたかの参考になれば幸いです。



本日もお疲れさまでした。



 END

スポンサーサイト



   

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/653-1118a995
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground