fc2ブログ
2014-04-01

消費税 8%の影響はこれから

本日の株式市場は実質「新年度相場入り」を果たした訳ですが、

値上がりする銘柄と値下がりする銘柄の明暗がはっきりと分かれる展開に。

やはり増税後の影響を見極めたいとの「買い手控え感」は色濃く、

私も先月から買い越していたポジションを本日の前場で全て解消しました。



増税後に円安に振れるだろうという思惑と直近で下げすぎていた反動から買われ、

先週から6営業日連続で上昇していましたが、ちょうど「戻り売り」が出やすい水準に。

結局本日の終値「前日比-63円安」まで売り込まれ、私は6.7%の利益を確保しました。



買い手仕舞いと同時に「カラ売り」も仕掛けておけば往復で利益を上げられましたが、

昨日までの異様な強さが時々顔を出すことから警戒し過ぎて乗ることができませんでした。

後場は監視銘柄を一通りチェックしておきましたが本日のエントリーは全て見送りました。

明日以降の展開を観た上で「売り」と「買い」のどちら側に入るかを決めたいと思います。



消費税の増税は始まったばかりで、今月の「消費冷え込み」は既に織り込まれているものの、

本格的な増税の影響が実体経済や家計を直撃してくるのは夏場に向けてだと私は考えます。

もちろん「政府が何とかするだろう」という楽観的な反応も一部では見られますが、

過去に2度までも「増税の影響によりデフレから脱却できなかった」というのが真実。

それでも増税に踏み切った与党に『それで?これからどうするんだよ?』という具合に、

確実に冷え込んでいく日本の景気に対して政府がどのような対応をするのかが待たれる状況。



前回の教訓を生かし「強烈なポジティブサプライズ」でもない限り現状打開は難しく、

失策に終われば「安倍内閣の支持率」は急速に低下していくことになるでしょう。

過去「増税に踏み切った歴代総理」はその後、全員失脚しているのが事実。

安倍総理は「そのジンクス」を跳ね返すことができるのか?

日本経済とマーケットは、今まさに「正念場」を迎えようとしています。



本日もお疲れさまでした。



 END

スポンサーサイト



   

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/652-c4b34d85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground