fc2ブログ
2014-03-29

その思い込みが洗脳への入り口となる

現代社会はTVのスイッチを入れただけで様々な情報が流れ込んできます。

「本来は自分にとって必要のない情報」であったとしても毎日繰り返し視聴し続ける事により、

無意識下の脳内にすり込まれ『気がつけばCMソングを口ずさんでいた』等はよくある事です。

「本当に良いもの」や「本当に正しいこと」を全て科学で解明できる訳ではありませんが、

逆の言い方をすれば「情報操作次第で正しくないことも正当化は可能である」ということです。



暖かい春の週末に、重苦しい記事になってしまう事は本意でないため、

本日は「国民的アニメ」を例に取って「思い込みのカラクリ」を解説致します。

皆さんは「猫の大好物は何ですか?」と聞かれたら最初に何をイメージしますか?

現代社会は「キャットフード」がありますから若い人達はそう思うかも知れませんね。

しかし、我々世代より上の人達がイメージするのは「魚」であると私は考えます。

もちろん全員が当てはまる訳ではありませんが、多くの日本人がそう思い込んでいるのは、

毎週日曜日に放映されている国民的アニメ「サザエさん」からすり込まれた情報によるもの。



あの有名なオープニング曲のフレーズ『お魚くわえたドラ猫、追っかけて・・』です。

皆さん「動物学的」に単純に考えてみましょう。

猫は「肉食動物」ですから当然のことながら「肉が大好物」なんです。

「トラは猫科である」ということを想像すればすぐに理解できると思います。



昔の日本は「めざし」等の粗食が多く、一緒に居た猫のエサも当然同じになります。

その時代から描かれていた「サザエさん」などで猫が魚を奪っていくシーンが登場し、

「テーマ曲の洗脳効果」も一役買い「猫は魚が大好物」というイメージが定着しました。

これが「同じ情報を繰り返し流し続けること」による思い込みのメカニズムです。



ですから、同じ商品を取り扱うライバル企業の「A社」と「B社」があったとして、

仮に「本当のクオリティはA社のほうが上である」という真実が存在したとしても、

「B社」があらゆる手段を使って消費者に「B社の商品のほうが良い」と思い込ませ、

情報を書き換えることさえできれば「実際のクオリティ」など全く無意味になります。



決して悪用することは許されませんが「政治」や「ビジネス」というものは、

このような原理を利用して成り立っているということが理解頂けたと思います。

『売れるならクオリティは無視か?』と腹立たしい気持ちになりますが、

「情報操作の勝者」こそが現代の情報化社会の勝者ということになります。



昨年何度もニュースで取り上げられた「食品偽造問題」などが良い例でしょう。

「本当の車エビの味」が判れなければ、思い込みだけで美味しく食べられてしまうんです。

もちろん「消費者を騙すこと」は犯罪ですから絶対に厳しい制裁を科すべきだと思いますが、

本日の記事を読まれた方に「悪徳商法などで騙されない為の参考」にして頂ければ幸いです。



 END

スポンサーサイト



   

コメント

私も魚だと思いました。
ちなみに嫁は鰹節と答えました!

Re: タイトルなし

闘う柔整師くん、「鰹節」は間違いないでしょう。

しかし、君の奥さんとうちの嫁は個性的過ぎる(≧∇≦)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/649-905dad32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground