fc2ブログ
2014-02-21

政治家の失言には呆れ返るばかり

現在開催中のソチ五輪において「女子フィギュアスケート」では、

浅田真央選手が前日のSPでの失敗の後、フリーでの演技に出場しました。

惜しくもメダルは逃したものの、全てのジャンプを成功させ見事6位に入賞。

日本中に勇気と感動を与え、最後までプレッシャーと戦った姿は立派です。

今後のことは本人が決めれば良いことですが、まずはお疲れさまでした。



そこから繋がってくるのが本日のタイトル。

皆さんもご存知の通り、ショートプログラム(SP)で16位だった浅田選手に対し、

森元総理は『見事にひっくり返った。あの子、大事なときには必ず転ぶ』と評しました。

過去に何度も失言を繰り返している森氏の言動に、とても腹立たしい気持ちになりました。

『あんた何様のつもりだよ?』そう思った私は、すぐにツイッターに書き込もうとしたところ、

すでに恐ろしい数の「森元総理の批判ツイート」がネット上を飛び交っていましたww



ですから私は、皮肉を込めたつぶやきに切り替えました。

「自民党の愚策でひっくり返った日本は、20年以上もデフレが続いている」と。

勿論この騒動があったからこそフリーでの結果は更に大きな感動を呼んだのでしょうが、

森氏に限らず過去に何度も問題となった「政治家の失言」には本当に呆れ返るばかりです。

いつも思うことは『他にいくらでも角の立たない表現方法があっただろう?』というもの。



政治家だろうと八百屋のオヤジだろうと「頭の良い人」は失言などしないものです。

100%とは言いませんが『これは発言しても問題ないか?』と言葉を選ぶ人間なら、

相手の立場などを考慮しながらの言葉使いとなるため、失言などは出にくいものです。

過去に失言で波紋を広げた他の政治家も、森氏同様「似たような雰囲気」を持っています。

そして彼らの態度や言動からは、次の2点のような気持ちが伝わってきます。



① 自分が日本の政治を引っ張っているという傲慢な気持ち。

② 自分はとても頭の良い人間だという驕りと勘違い。



実際に「また失言」などとスクープされている政治家はいつも同じメンバーですし、

数年の期間を経て、そのメンバー間で「ヘビーローテーション」を繰り返している様なもの。

何度も書いてきましたが、一度口から発っせられた言葉は二度と取り消すことができません。

たとえ謝罪したとしても「発言してしまった事実」を無きものにすることは不可能です。

政治家に限らず「影響力のある人間」は、私達一般人以上に気をつける必要があります。



『あ~、今のナシで』などという冗談では済まされない言葉をさらっと口にしてしまう、

呆れた政治家の失言を耳にする度「こんな人間に国政を任せていいのか?」と不安になります。

私も物書きとして「様々な情報」を発信している以上「誰かを批判する記事」を書く場合は、

「自分が責任を取る覚悟で発信するべき」と、本日の記事を書きながら改めてそう感じました。



 END

スポンサーサイト



   

コメント

kick-ass

何年も何年も大きな期待とプレッシャーの元、
クルクル廻ってる真央ちゃん!

本当にお疲れ様、、、よくやったね!

オジサンも涙が止まりませんでした。


なんだか自分の娘みたいに感情移入しちゃって、
あんな馬鹿な事言っちゃうんだろうね。

まあ、彼は特にIQが低そうだから、、しょうがないよ。

Re: kick-ass

先生、真央ちゃんは本当にベストを尽くしましたね。

それにしても森元総理は失言の常習犯ですよね。

あんな発言をしたらどうなるのか解っていない辺りが、
彼のデリカシーの無さとIQの低さを物語っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/613-2f0b86ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground