fc2ブログ
2013-11-25

根拠が崩れた時が手仕舞い時

久しぶりに株式投資の記事を書きます。

先週末の流れを引き継ぎ、本日の日本市場も大いに盛り上がり、

流れは『戻り高値』を更新中、5月に付けた年初来高値を追うという展開。



そんな中、地合いに逆行して下げている銘柄も勿論あります。

私が先週から持ち越していた『買いポジション』もその1つです。

いえ、下げたこと自体は、それほど重要ではありません。

大型株に資金が向かう時は、中小型株を売って銘柄を入れ替えたりするもの。

私が立てた『何パターンかのシナリオ』の想定内であれば、

どんなに下げても問題はなく、むしろ『買い増し』を検討することになるでしょう。



しかし、本日の値動きは『私の立てたシナリオ』を全て覆す動きでした。

『持ち越している根拠が崩れた』ということは、問答無用でロスカット(損切り)です。

仮に明日から大幅反発に転じたとしても知ったことではありません。

『根拠』をきちんと説明できない状況で、ただ『損失を計上したくないという理由』から、

そのポジションを持ち続けるという行動は、それこそ『ただのギャンブル』です。

逆に自分の判断ミスであった場合、もちろんくやしい気持ちになりますが、

専業トレーダーが『自分の経験と勘』を信じずに、一体何を信じれば良いのでしょう?



もちろん株式投資に限らず『根拠が崩れた時』は、一旦そこから離れるべきだと考えます。

予測できない展開になっている間、人間はなかなか冷静な判断ができないものです。

ですから『根拠を説明できない時』は一旦そこから撤退し、改めて戦略を練り直す。

それができない専業トレーダーは、生き残ることができません。

久しぶりの損失計上ですから、もちろん悔しいです。

しかし、私の読みが当たっていれば、明日以降は更に大きく下がります。

日本市場も高値圏で推移していますし、いつ大幅な調整が起きても不思議ではありません。



『トレーダーとしての規律』を守るためにも、あえて記事にしてみました。

本日の決断に後悔はありませんし、ベストを尽くしたという自負があります。

ですから本日のトレードは、結果論だけで言うなら負けてしまった訳ですが、

私にとっては『次に繋がる良いトレードだった』と自信を持って言えます。


全ては、明日以降の株式市場が教えてくれます。

『ファイナンス理論』に基づいた、正確な分析力が正しいのではなく、

『市場はどういう反応をみせているのか?』がいつだって正しいんです。

株価が適正水準に収まるまでには、一定のタイムラグがあります。

『持ち続けて損失を拡大させるのか?』『運良く値を戻すのか?』

そして、私のように『撤退して次の波を待つのか?』

答えは、株式市場だけが知っていることです。



 END

スポンサーサイト



   

コメント

続きは?

毎日楽しみにブログを読んでいるオジサンです。

お仕事大変そうですね、、、

でもソレはソレとして、
小説の続きはどうしたんでしょう?

どうみてもアレで終わりはないですよね。


どうやって現役力士を倒すのか、、、
今日、患者さんで元力士のおかみさんが来ましたが、彼女共々楽しみにしております。  

         かしこ。

Re: 続きは?

先生、そんなに続きが欲しいですか?

読み切りだから『第一話』がないんです。
あそこで含みを持たせて終わりにしたかったんですが?

もちろん俺は力士と闘ったことはありませんが、
奇襲するならこうするだろう、というのはあります。

あの記事が『第一話』に変わっていたら、
続編を書くという返事だと思って下さい w

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/523-b11f6469
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground