fc2ブログ
2013-11-14

部活動の朝練習を禁止するそうです

全国の地方自治体の一部に、学生の部活動の朝練習を禁止にする動きがあるようです。

理由を聞いてみると『疲労感から授業に集中できない』からだそうで、

放課後の練習も2時間程度にとどめ、週に2日は休養を取らせるべきだとのこと。

今朝、ラジオで聞き『はあ?』と首をかしげてしまいました。



誰が提案したのかは知りませんが、その人に聞きたいことがあります。

『あんた、まともに運動したことねえだろ?』

日本は『ゆとり教育』に続いて、またおかしなことを始めようとしています。



以前も記事を書きましたが、

ベンチャー企業の社長さんなどは、早朝にジムで筋トレをしてから出勤する方が多く、

そのほうが『頭が冴えて良いアイディアが浮かぶ』という意見が多かったんです。

スクワットなどで大腿部を刺激すると目が覚めることも医学的根拠があります。



私の経験も含めて申し上げますが、授業に集中できないのは朝練のせいではありません。

私も授業中によく居眠りをしていましたが、朝練のせいではないとはっきり自覚しています。

それは『その授業が退屈か、大嫌いな科目だからです』

理数系は大嫌いでしたが、英語や世界史の時間はいつもシャキッとしていました。

皆さんも同じような経験がありませんでしたか?

そこの部分は、昔も今も変わりません。

大嫌いな科目は眠くなるんですw



一流のアスリート達のほとんどは、本練習の他に朝練も取り入れています。

勉強同様、前日までに身につけた動きの復習と、本練習に向けた意識の向上など、

朝練をすることのメリットはたくさんあり、決して授業に影響を及ぼすものではありません。

これは『日本から一流のアスリートを減少させる教育』だと言っても過言ではありません。



もしも学生の方で、この記事を読んでいる方がいましたら、

『元アスリート』の1人として記しておきたいことがあります。



『朝練をしたら疲れて授業に集中できない』は単なる言い訳です。

私は高校時代ハンマー投げの選手でしたが、毎日朝練をしてから授業を受けていました。

インターハイで8位に入賞した同学年の仲間も毎朝ハンマーを投げていましたし、

強化合宿で仲良くなった他校の選手も『朝からハンマー投げないと調子が悪い』と言いました。

その他校の選手は、高校生活最後のインターハイで3位に入賞しました。

私がプロボクサーだった頃も、夜はジムワークだけに集中したかったので、

朝にロードワークを済ませてから仕事に出る習慣が身についていました。



もしも『学校での朝練』が本当に廃止されたとして、

実力が拮抗していたはずの、あなたのライバルがあなたに差をつけ始めたのなら、

確実に『家でトレーニングを済ませてから登校している』と思って間違いないでしょう。

他人に決められた練習メニューを消化するだけで、果たして一流になれるのでしょうか?

周りの人間と同じ練習量なのに、自分も一流になりたいなんて虫が良すぎると思いませんか?



努力は必ずしも報われる訳ではありません。

対戦相手より練習量で上回っていても、敗れることだってあります。

それでも『成功する人間』は、見えない所で必ず努力しているもの。

『世界一になるためには、世界一の努力が必要』ということです。



大人達が考案した教育方針が、全て正しいとは思わないで下さい。

『物事の本質』は、自分できちんと見極めてから判断しましょう。



 END

スポンサーサイト



   

コメント

3時限目はバスタオルを!

大学の講義は一時限90分。
午前二時限、午後二時限で行われる。

昼飯後の三時限目は腹いっぱいで必ず寝てた。

ノートにヨダレが付くのでバスタオルを持ってたら、教授にえらく怒られた記憶があります。

今朝、娘を合唱部の朝練に送っていく時、
俺もラジオでこの話聞いたけど、、

ふざけんじゃねーよ!と思いました。

そうゆうヤツは部活やらなきゃいいんだから、、

過保護にも程があるよな、、、



人生は一回っきり!
好きな事やらないでドースルの?

Re: 3時限目はバスタオルを!

先生、本当にふざけた話しですよね。

誰もが『上手くなりたい』『試合で勝ちたい』っていう思いで、
自ら志願して練習しているのに、学校側がブレーキかけてどうする?
そう思ったら呆れ返りましたよ。

先生でも居眠りしてたんですね。
確かに、タオルまで本格的に持ち込んだら怒られますよ (≧∇≦)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/511-6acb4cbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground