fc2ブログ
2013-10-23

『やりたい仕事がない』という方へ

『今の仕事には不満がある。だけど、他にやりたい仕事もないから仕方がない』

このような意見は、お酒の席などでも度々耳にすることがあります。

本当に、やりたい仕事はないのでしょうか?



『やってみたい仕事はある。だけど、今さら新しい世界に飛び込む勇気がない』

ほとんどの方は、これが本心なのではありませんか?

『奥さんや子供もいるし、そんな度胸は持てない』

そう素直に言える方は、本当に正直な人間だと思います。

もしも再就職したとして、自分よりも年下の上司に頭を下げることへの抵抗もあるでしょう。



皆、様々な思いを抱えて働いている訳で、嫌々しがみついている方もいるはずです。

独立/起業 という道は、まさにそういう人達のために残された道ではないでしょうか?

生活資金さえ捻出できれば、私のように『先に会社を辞める』という荒業も使えますw



会社を辞めてから、じっくりと将来を見据えたり、起業に向けて勉強してもいいはずです。

本当にやりたい仕事が見つからないのなら、自分で創ってしまえばいいんです。

現存する沢山の業種や企業も『1番最初に始めた誰か』が必ずいた訳ですから。



【ソフトバンク】の孫社長ですら、会社を設立してから2年間は何もしなかったそうです。

いえ、別に遊んでいたという意味ではありません。

孫社長は、『これからの社会に必要なビジネスは何か?』ということを、

毎日考え続けたそうで、おそらく頭の中では沢山の会社が設立され、潰れていったのでしょう。

彼ほどの『ビジネスの天才』でさえ2年もかかったんですから、

普通ならもっと長いスパンが必要になると私は考えます。



それでも、『自分が大好きなこと』と『社会に必要とされているビジネス』を、

あなたが融合させることに成功したら、素晴らしいビジネスチャンスが訪れます。

私達が考えるべきは、まさにそういうことで、嫌いな仕事の愚痴を並べることではないんです。



『辞める度胸がない』のなら、もう愚痴はこぼさず、家族との時間で癒されて下さい。

しかし『会社を辞めてでも自分のやりたいことに挑戦してみたい』のなら、

年齢制限がない限り、始めるのが遅すぎるなんてことはありません。

私だって40歳で会社を辞めたんですから、私より年下の方なら尚更です。



以前も書きましたが、【ケンタッキー】のカーネルサンダースは、

60歳を過ぎてからあのビジネスをスタートさせたんです。

『情熱』さえ失っていなければ、人生に遅すぎることなんてありません。



最後にもう1度。

本当に『やりたい仕事がない』という方は、自分で創ってしまいましょう。

自分の趣味や、大好きなこと、日常生活の中にビジネスのヒントは隠れています。



 END

スポンサーサイト



   

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/489-23ded82b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground