fc2ブログ
2013-10-03

消費増税で景気回復も腰折れか?

来年の4月から消費税を8%に増税するとの発表を受け、

『景気が冷え込まないようあらゆる対策を講じる』と言っていた自民党ですが、

会見で阿部総理が語ったのは、『検討していく』という予定のみ。

消費税を増税した後の影響を払拭できるほどの『踏み込んだ政策』は、

結局のところ、会見中には何一つ語られることはありませんでした。



『終わったな』

NHKで全ての会見を見終わった後、私の脳裏に浮かんだ言葉です。

自民党は、生まれ変わってなんかいませんでした。

民主党に政権を奪われた時の自民党のままだと私は思います。

結局は、財務省の圧力に屈しただけのこと。

5%の消費増税から15年も続いたデフレからの脱却を目指すはずだったのに、

何故デフレのきっかけとなった増税に『今』踏み切らなければならなかったのか?

私には理解できません。



国民の理解を得たいのであれば『増税による悪影響をカバーできる具体的な政策』を、

あの日の会見で同時に発表するのが筋です。

発表しなかったのは『まだ何も決まっていない』と言っているのと同じことです。

会見までの間にニュースなどで報じられていた様々な発言は、

増税を押し通すための『ただのパフォーマンス』だったということです。



アベノミクス自体は、良い政策だと今でも思っています。

しかし、増税開始までの数ヶ月間の中で、消費の冷え込みをカバーする政策を、

きちんと国民に示せなければ、日本は再びデフレの渦に呑み込まれてしまうでしょう。



『一時給付金』なんて、その場凌ぎのご機嫌取りはしなくても結構です。

『そんなお金はいらないから東北のために使えよ』

そんな気持ちです。



悲観的になっても何も良いことはありませんが、日本の先行きには懸念が残ります。

米国の機関閉鎖とのダブルパンチで、株式市場の反応も冷ややかなもの。

昨日から急速にヤル気が失せ、私も冷め切っております。



『国民を納得させられるだけの政策を、きちんと示して下さい』

自民党には、そう申し上げたい。

せっかく景気にも明るい兆しが見え始めたというのに、

ここで腰砕けにならないことを願うばかりです。


 END



スポンサーサイト



   

コメント

過去2回の消費税の時も税収が上がるどころか減りました。
そして5%の消費税を導入以降は一度も税収は上がっていません。
アメリカは景気回復を目指し増税をやめ減税して成功しました。
日本政府の学習能力の無さにガッカリですよね。
アベノミクスで上がりかけた景気、そして2020年の東京オリンピックまでは色々な所で特需が出て
消費税をアップしなくても景気回復に向かうと思っていたけどダメですねm(__)m

Re: タイトルなし

闘う柔整師くん、やはり財務省には逆らえなかったのでしょうか?

だからこそ、半沢直樹のような政治家が必要なのかも。
今の日本には、組織と戦えるほどの器がいない。
石原慎太郎さんで終わりかな?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/467-f4eff962
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground