fc2ブログ
2013-09-19

半沢直樹と銀行員の実状





人気ドラマ【半沢直樹】も、いよいよ来週で最終回を迎えますね。

同期の近藤は、大和田常務の『悪魔の囁き』に屈してしまったのでしょうか?

それにしても、香川照之さんは本当に悪役が似合いますよねw

ボクシングの解説も結構ですが、私は本業での活躍を期待しております。

そして半沢次長には是非、100倍返しを成し遂げて欲しいものです。



この半沢直樹について、経済アナリストの森永卓郎さんが、昨日ラジオで語っていました。

非常に面白いドラマ構成だが、事実と異なる点が2つだけあると。



1つ目は、半沢が数々の上司と戦ってきた『痛快な逆転劇』ですが、

本物の銀行員が、大和田常務レベルの上司に反抗的な態度を取った時点で、

出向どころか、その場で辞表を書かされるそうです。

『上司のミスは、部下の責任』と大和田常務が言っていましたが、

まさに銀行は縦社会、上司の命令には絶対服従だということです。

夢のない話しですね。私なら絶対に勤まりませんw



そして2つ目は、金融庁と銀行の関係です。

森永さんの言葉をそのまま書きますと、

『金融庁というのは、日の丸を背負った暴力団のようなもの』だそうですww

部下には強い銀行の上司も、金融庁には絶対服従なんですね。

半沢が金融庁の黒崎検査官に、携帯メールを証拠として突き出すシーンがありましたが、

実際は、大きな声で詰め寄った時点で『逮捕』されてしまうそうです。



結局、リアルに『銀行』と『金融庁』の姿を反映させているのは、

大和田常務と黒崎検査官だということでしょう。

実際に半沢直樹のような銀行員がいたらカッコイイとは思いますが、

上層部によって潰されてしまうのが銀行員の実状というものです。

もちろん、真面目な銀行員もたくさんいるとは思いますし、

夢のない話しで本当に申し訳ありませんが、

さすがは『日本を駄目にした3悪』の1つに挙げられている職業だということです。



それでも、最終回はスカッと終わらせて欲しいですね。

久しぶりに面白いドラマが観れて、本当に楽しかったです。



 END

スポンサーサイト



   

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/453-c4e7cb34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground