fc2ブログ
2013-08-19

真夏のアスファルト

アスファルト





道路の舗装工事などにより、子供の遊び場も少なくなりましたね。

私は東北出身ですから、山や川や草むらが多く自然の中で遊べました。

しかし就職で千葉県に移り住んでからは、そういった場所は限られます。

町内には一定の区間に公園が設置されているようですが、それ以外の広場などは少なく、

アスファルトの占める割合のほうが圧倒的に多いというのが実状です。

それでも関東圏でみれば十分自然が残されている方だと思います。

一番気の毒なのは、やはり東京都内に住む子供達でしょうか?



私が走っている時に大変なのも、直射日光よりアスファルトの照り返しです。

時々、車の通らない路地裏でサッカーをしている子供を見かけますが、

やはりアスファルト上なので、体感的にはかなり暑いはずです。

フライパンを持って行けば、冗談抜きで炒め物が作れてしまいます。

この件に関して、小さなお子さんがいる家庭では十分に気をつける必要があります。



最近、有料駐車場などに敷いてある鉄板に子供が手を付いてしまい、

大火傷を負ったというニュースがありましたよね。

私も幼い頃、石油ストーブの鉄の部分に誤って手を付いてしまい、

大火傷を負った経験があります。

現在の炎天下では、アスファルトも鉄板も加熱したフライパンに化けます。

子供が不用意に寝そべったりして肌を密着させてしまえば、

あっという間にヤケドを負ってしまいます。



【自然という名の遊び場】が減少していくのは嘆かわしいことですが、

どこでも遊び場に変えられるのもまた、子供の素晴らしい才能です。

その素晴らしい発想力で創り上げた【子供達の遊び場】や【遊び道具】が、

身体を傷つける凶器とならないよう、我々大人が十分に注意したいものですね。



 _END_

スポンサーサイト



   

コメント

ストーブの思い出

小さい頃、、、
ウチの病院の待合室に石油ストーブがあった。
冬、、ストーブにあたりながら、
待合室のマンガを読みながら、
うつらうつらしてしまい、
ついうっかりストーブに左手をついてしまった。

ギャー!

親父に手当てしてもらったが、
ジンジンと一晩中痛かったのを今でも覚えている。


稲さん、、、いつ飲みに行く?

Re: ストーブの思い出

先生、俺はイスから飛び降りた時に
着地に失敗して両手をついてしまいました Σ(゚д゚lll)
その後の思い出は、先生と全く同じです。

サミットについては、個人的にメールを送りますね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/422-dfce0971
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground