fc2ブログ
2013-07-22

本の影響力

たった一冊の本に、人を動かすほどのパワーがある。

ある本に出会ったことで自分の人生観が変わったり、

それをきっかけに仕事までも変えてしまった人達はたくさんいます。

私もその一人ですが。



もちろん本の内容と読んだ人間の解釈の仕方で、

良い方向にも悪い方向にも導かれてしまうことがあります。

いずれにせよ、本の持つ影響力というものは軽視できません。



以前、ブログで紹介した【続・マーケットの魔術師】

私が買ったのはシリーズ4作目の最新版ですが、

著者であるジャック・D・シュワッガー氏は、

文末の【エピローグ】で、このように語っていました。

『ある時、一人のお医者さんが私の本を読んで、

トレーダーになるために仕事を辞めたと私に話した。

私は一人のトレーダーを作るのと引き替えに、

この世から一人の医者を奪ったことについて、本当に気がとがめた』と。




マーケットの魔術師【株式編】《増補版》米トップ株式トレーダーが語る儲ける秘訣 (ウィザードブック)マーケットの魔術師【株式編】《増補版》米トップ株式トレーダーが語る儲ける秘訣 (ウィザードブック)
(2003/08/30)
ジャック・D・シュワッガー

商品詳細を見る





これは、今から10年前に出版されたシリーズ3作目です。

おそらく、これを読んでトレーダーに転身したのではないでしょうか?

その後の彼がどういう人生を歩もうと、作者のせいにするのは筋違いですが、

やはり本を書く側も『この本を出版することで、どのような影響が出るのか?』

という部分に対し、様々な心境を持っているんだな。そう感じました。



本に影響されて行動し、素晴らしい人生を手に入れる。

そういう生き方ができるのであれば、

『書き手』にとっても『読み手』にとっても幸せなことであると考えます。



本日もお疲れさまでした。


 ~END~
スポンサーサイト



   

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/387-f485a686
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground