fc2ブログ
2013-07-10

真夏の方程式

ガリレオ




今回も高視聴率のうちに終了した、フジテレビの看板ドラマ 【ガリレオ】。
このドラマの原作となっている小説シリーズの一作、
【真夏の方程式 (文春文庫): 東野 圭吾: 著】 が映画化されましたので、
本日はトレードを休みにし、夫婦で鑑賞してきました。



『これから観に行く方』に配慮し詳細は明かしませんが、
今回のキーワードは、CMでもすでに流れていますが、
主人公で福山雅治さんが演じる【湯川博士】の問いかけ

『君は10年以上も会っていない人を守り抜いて、殺人の罪を背負う事ができるか?』

これが重要なセリフとなっています。



今回のヒロインは、モデルで女優の杏(あん)さん。

事件現場となった島の海で、彼女が海中に潜るシーンは
有名な水中カメラマンの方が撮影したそうで、
人魚が泳いでいるみたいで綺麗でした。



前作【容疑者Xの献身】でもそうでしたが、なんでこんなに可哀想な境遇なんだ?
と、つい同情してしまうようなストーリー設定。
本当の罪とは何で、真に裁かれるべきは誰なのか?
深く考えさせられる作品でした。



そして、「原作を読んでいなければ誰もが推測不可能ではないか?」
と言っても過言ではないほど、クライマックスに向けて驚愕の真実が・・・。
誰も重要視していなかった人物が、思わぬ形で事件に関与していたんです。

嫁も言っていましたが、それが原因で後味の悪い結末となりました。

映画の内容が悪いのではなく、「どうしてそんな事させたんだよ?」と
嘆いてしまうような秘密を、湯川が見抜いてしまう場面があるんです。

特にお子さんをお持ちの方は、真剣に考えさせられる作品ではないかと思います。



この記事を読んで興味をもたれた方は、一度観に行ってみてはいかがでしょう?


 ~END~



スポンサーサイト



   

コメント

こんにちは。

「真夏の方程式」の原作は読みましたよ。
面白かったので、映画も観に行こうと思っています。
今から楽しみです。

Re: タイトルなし

神崎和幸さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

前回の劇場版『容疑者Xの献身』では
堤真一さんが原作とは違い、容姿がカッコ良かったですね (笑)
楽しんできて下さい。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/372-1a977eb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground