fc2ブログ
2013-06-13

直感タイプと熟慮タイプ

あなたは直感で行動するタイプですか?
それとも、よく考えた上で行動に移す熟慮タイプですか?

根拠を持たない『出たとこ勝負』ではリスクが高すぎますが、
悩み続けている間にチャンスを逃してしまうこともあります。

どちらにもメリットデメリットがありますが、
状況に応じて、その両方にシフトできれば理想的ですね。

アーティスト天才肌のアスリートには、直感タイプの人間が多いようです。
一瞬のひらめきや感性が重要視される分野ですから当然だと思います。




話しは変わりますが、映画 【トップガン】を覚えていますか?




トップガン [DVD]トップガン [DVD]
(2006/04/21)
トム・クルーズ、ヴァル・キルマー 他

商品詳細を見る




私はこの映画が大好きで、高校時代に100回以上は観ましたね。

当時はビデオしかなかった為、友人にダビングしてもらいましたが、
たくさん観すぎて、最後はテープが伸びてしまいました(笑)

この映画の中で、主演のトムクルーズが演じた主人公マーヴェリック
名場面がたくさんある中で、私が一番好きなセリフがあります。

マニュアルを無視したアクロバット飛行を繰り返すマーヴェリックに、
後に彼の恋人となる女性教官が、こう問いかけます。

『危険すぎるわ。一体何を考えてこの様な飛行を?』と。

マーヴェリックは即答します。
『何も考えてない、考えている間に撃たれる。』

彼は直感で動く天才パイロット
このセリフにはシビれました。

私がボクサーだった時も、試合中は殆ど無意識で動いていました。
これは、日頃の反復練習で身につけた動きが自然に出るからで、
決して無鉄砲に闘っているわけではないんです。

『試合中』に、どんな攻撃をどんなタイミングで仕掛けるかは【直感】。
『試合前』に、どんな試合展開にするのか作戦を練ることが【熟慮】となります


プロ野球で言えば長嶋監督野村監督が、まさに直感熟慮ではないでしょうか?

始めにも書きましたが、やはり『状況に応じてどちらにもなれる』
日頃から、そういった感性を磨くことが大切であると私は考えます。

本日もお疲れさまでした。

 ~END~

スポンサーサイト



   

コメント

第六感

試験なんかで選択問題の場合、
まず初見で選んだものはチェック入れておきます。
熟考して出した答えに自信がもてず、
フィフティフィフティの時は初見で選んだ方が正解の可能性が高いような気がするのは、、、気のせい?

Re: 第六感

先生、『その感覚』こそが直感だと思います。

いわゆるヤマカンとは違い、経験に裏打ちされた感です。

だから、迷った時こそ自分の直感を信じるべきだと考えます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/344-345a8b0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground