fc2ブログ
2013-02-15

お金に支配されてはイケナイ

G20を目前に控えての調整売りと週末の手仕舞い売りに押され、
日本市場は大きく値を下げて取引を終了しました。

保有銘柄である名村造船所も、
2月6日にストップ高を付けてから
上下に大きく乱高下を繰り返しています。

高値でつかまされた個人投資家が安値でぶん投げているからです
地合いの悪い日は大口の投資家に買い上げてはもらえません。
ずっと下にある、安値付近の買い板が厚いのがその証拠。

なぜ投資家&トレーダーの多くは、
株価が大きく下がるとパニック売りに走るのでしょうか?

それは自分が資金を投入している銘柄で、自己資産と照らし合わせた時に
株価の大幅な下落に見舞われた際、冷静でいられなくなるほどの
「大きなポジション」
を抱えてしまっているせいなんです。

私が一気に10万株の注文を入れない理由はそこにあります。

もちろん、そうやって大儲けしている方もたくさんいますし
自分が望んでいる方向へ株価が上手く動いてくれれば
一度のトレードで大きな利益を得られます。

私が2~3万株ずつを数回に分けて、丁寧にポジションを作っていくのは
予測と真逆に動いた際、冷静に次の作戦を練り直すためです

パニックになって投げ売りした後、大引け(終了)にかけて元の買値に戻った
こういうことは日常茶飯事で、損をした人は冷静さを失った自分
自分が買った企業の株に文句を言い続けることになるんです。
「株はあなたに所有されていることを知らない」にも関わらず・・・です。

抱えているポジションよりも、はるかに多くのキャッシュを残していれば
慌てる必要などなくなり 「どこでロスカットするか」もしくは
「次の買いポイントで平均取得額はいくらになるか」などを
コーヒーを飲みながら冷静に電卓を叩く余裕が生まれます。

前にも書きましたが、マーケットにお金を投入した時点で
既に自分のお金ではなくなるんです。

全てを回収した時、手元にあるのが資産であり結果なのです。

「〇〇万円、損をしている」
と思っている時は、お金に支配されています
無くなったお金は、もうあなたの管理下にありません

そうではなく、自分は今どれ位のキャッシュを持っていて
市場で生き残るために今から何をすべきか?

を検討することが最も重要であると私は考えます。

最後に、
私が名村造船所を底値圏で拾っていた頃の
場帳(私のメモ帳)を一部公開致します。




場帳


赤い〇については秘密ですが(違法という意味ではなく)
私と同じ「判別法」を利用している方ならすぐに解るはずです。

他にも ドル/円米国の市場動向など沢山のデータを取っています。

これは投資を始めた頃から、毎日欠かさず書き続けているものです。

肉体労働の方からは決して快く思われていない投資家&トレーダーですが、
こちらも楽をして稼げるほど甘い世界ではないことをご理解下さい。

私も「物理空間」では、額に汗をかいて一生懸命働いてきたという自負があります。

今は「情報空間」へシフトし、脳で汗をかいています。

決してお金に支配されることなく 「経済的自由」を獲得するため、
「強欲を束ねて自分に従えさせ」、日々精進するだけです。

 ~END~

スポンサーサイト



   

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/223-9a0ebdbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground