fc2ブログ
2012-05-28

【モンキー・D・ルフィ】を脳機能学的に観る。

120528_183152.jpg

後ろ向きで失礼。
もちろん、漫画「ワンピース」の主人公「モンキー・D・ルフィ」ですが、
大好きなシーンは無限にある中で、スゲー男は背中から強いプラーナ(気)を発している!という、
私の経験からくる「自論」でこの絵をチョイス。

私のブログを何度か覗いた事のある方はもうご存知だと思いますが
「脳機能学的」に観ると、
ルフィの「コンフォートゾーン」は間違いなく「海賊王」です。


 『コンフォートゾーン』を初めて聞く方は【カテゴリ】欄の『専門用語について』をご覧下さい。 

この「海賊王になる!」というセリフは物語の中で何度も出てきますが 
「ルフィのブレない最終ゴール」であり
「ひとつなぎの秘宝(ワンピース)を見つける」ことも、
もちろん含まれています。

ルフィが今まで戦って倒してきた「海賊」たちは、その時点では皆「ルフィより格上」でした。
しかしルフィは全ての戦いを激戦の末、勝利し「夢の実現に向けて」突き進んで行きます。

 
何故、ルフィはこれ程までに「強い」のでしょうか?

脳機能学的にはすぐに答えが出ます。
今現在ルフィは「億超えの懸賞金」の付いた「大物ルーキー」の一人に間違いない訳ですが、 

ルフィの頭の中は常に「現状に満足」する事なく、
自身が最も「リアリティー」を感じられる世界が「海賊王」なんです。


人間の脳は常に、自分が「最もリアリティーを感じられる世界」を一つしか選択出来ない為、 
ルフィが本気で描いている「海賊王になる」という夢が、ルフィにとっての 
「現実」として「認識」されます!
彼にとってはそれが「現実」なので、実現させる方法さえ分からない
「海賊王」になる為のプロセスを「脳が勝手に探し出す」んです。
ルフィにとっては「海賊王」が現実なのですから その為に「自分が見落としている情報」は、
脳が勝手に探し出す(スコトーマが外れる)という「脳内革命」が起きます!


今では初期の頃の激戦となりましたが、
「アラバスタ編」では「七武海」の称号を持つ「クロコダイル」に、
散々な「ドリームキラー(ブログで解説済)発言」を浴びせられました。


「お前の様なルーキーは、この海にゃあいくらでもいる!」 「小物が!」 
「お前に国は救えない!」 など・・。
 

ルフィはその一切を、ことごとく「反論」 し勝利します。

120528_183606.jpg

 

あなたが本当に叶えたい夢はなんですか?

そして、その世界に「リアリティー」を感じる事ができますか?
    


 ~END~

スポンサーサイト



   

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/22-e9321d4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground