FC2ブログ
2019-09-03

09/02のツイートまとめ

yuuki_yuuki_001

この自論を100%否定する人間は、天才かド素人だけだよ。違うって言うなら、何がどう違うのか納得できるように説明して欲しい。「ここで入れば勝てる!」って解っているけど、入れない人間に対しての責任は取れない。勝負事に絶対は無いけれど、手法が全てにはなっていないのが現実なんだよ。
09-02 23:57

手法以外の要因を排除できていないのなら、手法以前の問題なんだよ。精神論とかクソだなんて偉そうに語る前に、アンタは実践できてんのかよ?俺はプロボクサーになりたての頃、スパーリングの相手をしてくれた日本ランカーのプレッシャーに押し負けて、実力が全く出せなかった経験があるから解る。
09-02 23:39

法律の問題なのか?マニュアル通りにしか動けない人間の問題なのか?ってことだよ。法改正なんて、いつだって手遅れになる事件が起きるまでは発動されない。児童虐待防止法なんて、実際に子供を守れなかったら意味がない。
09-02 23:19

ファンダに言及して、テクニカルに言及して、運や精神論にも言及したよ。俺の中では全て繋がっているけど、混乱させないように分別して書いた。これでも、体温を感じながら生きているんだけどね。爬虫類みたいな奴と、一緒にされても困る。
09-02 22:59

本当に手法のみを淡々と実行できる人なら、もうそれだけで充分に才能があるから、俺のTweetなんて無視していいです。でも殆どの人間は、手法以外の要因でやられてしまうから、嘘だと思うなら自分で検証してみなよ。手法もコンディションもメンタルも運も、点で捉えるから繋がらない。線で結べ。
09-02 22:43

手法に間違いが無いのに負けてしまうのなら、後は当日のコンディションやメンタルの問題になる。対戦相手がいる勝負では、相手の絶対的な威圧感に押されて、実力が出せなくなる場合もあるから。勝率を上げる為に、あらゆる敗因を排除するのが、勝負師のやるべきことなんだよ。
09-02 22:33

「株は、あなたに保有されている事を知らない」は、バフェットの名言。「私は、あなたにフォローされている事を知らない」は、俺のパプアニューギニアンジョーク。相手を好きでも嫌いでも、有益な情報だけを淡々と抜き続ける爬虫類みたいな奴が、相場の世界では最も賢い。俺は大嫌いだけどね。
09-02 21:59

俺は、オカルトなんて信じていない。それでも、実力がほぼ等しい人間同士の勝敗が分かれる以上、運やメンタルを無視する方に無理がある。これは、勝負師としてのあらゆる可能性について言及しているだけで、正しい手法の元に成り立たっていなければならないのは当然のことだよ。これで終わります。
09-02 20:52

「今日は何だかツキが無いな」っていう日は、誰にだってある。それが酷いレベルにまで行くと「こんなにツキが無いなんて、俺の運も尽きたか?」になる。そのたびに思い出すんだよ。「だったら俺は、9才で死んでいるはずだよな?」って。自分が生かされている事には、何かしらの意味があるんだよ。
09-02 20:38

運が良いか?悪いか?なんて、生死を左右するレベルのこと以外は気にしなくていい。良くないことが立て続くなんて、誰にでも等しく平等に巡ってくるサイクルなんだから。俺は母親の帰宅時間が後3分遅かったら、一酸化炭素中毒で9才で死んでいた。強運っていうのは、そういう次元の話しなんだよ。
09-02 20:09

9月の1発目、引けました。
09-02 15:05

今日から9月だってのに、無駄に暑いですね。相場は、相変わらず冷え込んだままだけど。まあいい。年末へ向けたポジション作りは、これから始まるんだから。
09-02 13:57

本日のランチタイムコメント。「9月だよ、全員集合!」さっさと戻ってこい。
09-02 12:21

閑散としているよね。月初の月曜日は、こんなもんか。新規のポジションを、これから作る人の方が多いだろうから。
09-02 10:46

おはようございます。今月も、宜しくお願い申し上げます。
09-02 08:12

@cdi_gzj177_tgr ゴメン!寝落ちしちゃったw
09-02 08:11

色々あって眠れないから、こんな時間になりました。
09-02 01:29

スポンサーサイト



   

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/2149-2db3f8a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground