fc2ブログ
2012-10-22

自分のスタイルを確立させる ~完結編~

 「昨日の記事」に補足して、このテーマは終わりにしたいと思います。

あなたはついに、自分のスタイルを確立させました。
それは「あなたに教えを乞う人達にとっての師となった」ことも意味します。 
今度はその人達に対して責任ある立場に着くわけですね。

また、そのスタイルは時代の変化と共に「更に進化させていく必要がある」物なのか
もしくは「伝統的に変わることなく受け継いでいく」物なのか・・・
あなたが属している「カテゴリー」によって、どちらかを選択することになると思います。

いずれにせよ、一度「世に出た情報」は、また別の誰かに伝わり
誰かが何気なくつぶやいた言葉が時として
「人の心を動かす」ほどのパワーを秘めていたりする事だってあります。

もちろん本人が意図してない事というのは逆の意味でも起こりえるため、
「責任を取れない」レベルの話しを自由に発することは許されません

「twitter」の力が国を一つ潰してしまう時代です。 
ある一つの「情報」が「一国の軍事力」に匹敵する位の力を秘めているほど、
今の時代は「情報を制した者」が生き残る時代と言っても過言ではありません。 
全ては本人の意思に係わらず「受け止める相手の気持ち」によって、
良くも悪しくも変化します。


私も「自分が本当にしたいこと」は何で「最終的なゴールはどんな世界なのか」が、
はっきり決まっています

今はまだ、そのプロセスの途中にいる訳ですから
失敗したり人に笑われたりする事も沢山あると思います。
それでも「自分が成功するまで絶対にやめない!」という「選択肢」意外は全て排除している為、
必然的に私の「コンフォートゾーン」は自分のゴールに向かって動いていると信じています
。 
(コンフォートゾーンについては、そのタイトルで過去に記事を書いていますので参考にして下さい)

 最後に、現在の私が唯一購読している漫画「ONEPIECE」より
「My鳥肌が立った言葉コレクション」を一つ・・

シャボンディー諸島で、手配書の懸賞金にかけられた数字から
「億超えのルーキー」と呼ばれる海賊達が出食わし、ひと騒動に・・
そして「ルフィ」が彼らに言い放った一言「でもワンピースは俺が見つけるぞ!」に、
海賊キャプテン「ユースタス・キッド」が返した言葉・・


「俺たちの通ってきた航路じゃあ・・そんな事口にすると大口開けて笑われたもんだ、
その度におれは・・笑った奴らを皆殺しにしてきたがな・・! 
だが、この先は・・それを口にする度胸のねエ奴が死ぬ海だ・・!新世界で会おうぜ」
  

 これで終わります。


スポンサーサイト



   

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/20-019e54b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground