fc2ブログ
2013-01-15

トレーダーと漁師は似ている

 今年から「トレーダー」の一面も持つようになった私ですが、
本日のタイトル通り、日々の生活スタイルは
「漁師」の人達に似ているのではないか思います。

どういう所が似ているのかを書いてみましょう。

① その日の海(市場)の状況を把握して仕掛ける

漁(トレード)に出られないほど最悪の環境の日もありますが、
漁がしやすい(上昇・下降)のか、漁がしにくい(値動きなし)のか、
その日の海(市場)のコンディション次第で仕事(取引)の手法が変わる

② 今日が大漁(高収益)でも明日の保証はない

今日が大漁(高収益)だったから明日は休もうなどという
楽観的な考えで食べていけるほど甘い世界じゃない

③ 運だけで稼げている訳ではない

その世界で収入を得るためには一定レベルになるまでの訓練が必要
「家族を守る主」としての責任があり、ただのギャンブルでは済まされない。
経験を積むほど眼力は養われる

④ 忍耐

良い時ばかりではないが、慌てて飛びつかず
最高のタイミングが訪れるのを待てる精神力が必要

⑤ リスクを負う覚悟

環境が良くないからといって待ってばかりでは
利益を上げることはできない。
自分の経験と直感を信じ、時には大胆な行動に出る勇気も必要

 どうです?
けっこう似ていると思いませんか。

「投資家」の一面も持ち合わせている私ですが、
こちらに関しては「数十年後の日本の経済」
支えてくれるであろう企業を自分の分析の元にはじき出し、
中~長期で保有するために買いを入れていくため、
日々の値動きなんて気にもしません。

昨年も記事にしたことがありますが、
トレードと投資は同じ市場で売買されていますが
スタイルは全く違います

ですから、短期のトレードのつもりで買った株が
予想に反して大きく下がり、「損を確定させたくないからそのまま保有し続けた」

これはもう一番ダメな取引の仕方で、
はっきり言って生き残るのは難しいです。
その後、運良く株価が戻ったとしてもです。

「取引に一貫性を持たせる」

それが、「投資家」にとっても「トレーダー」にとっても、
市場で生き残るための最も重要なファクターであると言えます。

 最後に、
私は日々の売買記録を詳しくは公表していませんが
「証券口座」を開いた日から、保有銘柄や海外の市場動向などを
「毎日欠かさず」ノートに記しています


次のステージに進むための手段の一つだと
何度もブログに書いていますから、
いくら稼いでいるのかを見せびらかしても意味がないんです。

一つだけ言わせてもらえれば、
私の「支出」を「収入」が上回っていなければ
うちの嫁に迷惑をかけることになるため、
この前記事にした「自由に生きる人のルール」に違反することになりますから
のんきにブログなんか書いたりしません
それで察して下さい。

自分がするべきことはキチンと遂行しています。
 
 ~END~

スポンサーサイト



   

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/192-f87b7f7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground