fc2ブログ
2017-01-12

例外は無視せよ!

勝負事には何でも「セオリー」というものが存在致します。

『この流れであれば理論上はこう動く』という様な基本的な部分であり、

現在の私であれば「株のトレード」が上記した「それ」に該当致しますが、

やはり他の勝負事と同様『セオリー通りには動かない』という展開もある訳です。



これは自分側にとって『ようやく良い流れになってきた』展開に対し、

『何があったらこんな展開に変わるんだよ?』と目を疑いたくなる様な、

突然風向きが変わってしまう「予測不能な展開」に巻き込まれてしまう場合で、

アノマリー(理論上説明できない)もあれば「相手方」が意図的に仕掛けた場合もあり、

私ならば『おかしい!』と感じた時点で、とにかく何があろうとも一旦は手仕舞う訳です。



原因を調べている間に取り返しのつかない展開に巻き込まれるのは最も避けたく、

「それら」に関してはポジションを外してからでも時間は十分に取れる訳ですから、

『セオリー通りに行かない』と感じた時は「とにかく一旦逃げること」が大切です。

後に原因が確認できればそれで納得できますし「ただの例外」であったとしても、

「流れ弾に当たる前」に危険を回避できれば再び「勝負の席」に戻れますから。



勿論「自分の情報収集不足」が原因だった場合は反省材料として記憶致しますが、

「ただの例外」だった場合には一切気にしないというメンタリティが大切だと考えます。

相撲でも「軍配差し違え」というものが存在致しますが10回の取組で1回あるかどうか?の、

「ただの例外」に対し原因を追究するのは難解なパズルを解くよりも無駄な時間だと言えます。

殆どの勝負事は「セオリー通り」に動きますから、例外は無視しセオリーに徹するのが賢明です。



この「流れが変わる瞬間」を体得するには「数多くの鍛錬と失敗」が必要不可欠ですし、

私自身トレーダーとしては未熟者ですが、プロボクシングをはじめ多くの勝負事を経験し、

『失敗と成功を繰り返しながらも諦めずに鍛錬を続けること』が大切だと理解しております。

本日は「私自身」に言い聞かせる意味も含め『勝負事の何たるか?』について触れてみました。



本日もお疲れさまでした。



 END

スポンサーサイト



   

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/1386-7201d3b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground