fc2ブログ
2017-01-08

消えゆく BAR







ウィスキーが大好きな私は地元近郊にお店を構えている「4軒のBAR」の常連として、

10年以上の長きに渡り通い続け、バーボンやシングルモルト等を楽しんで参りました。

その中の2軒が2015年に経営を断念したことは、その年の記事でも触れた通りですが、

残り2軒のBARのうちの1軒も『どうやらお店は閉めたらしい』との結論に至りました。



『閉めたらしい』という曖昧な表現になってしまうのは経営者から直接伺った訳ではなく、

昨年末、飲みに出掛ける際たまたま通り道だったこともありお店の前を横切ったところ、

最も集客が見込める12月の土曜日に2週連続でお店の照明が点灯していなかった訳です。

私が携帯番号を交換してあるのは、残った1軒のBARの店主と既にサラリーマンとなった、

私の友人の2名だけですから当然のことながら今回の件に関しましては知る由もありません。



昨年の2月辺りに足を運んだのを最後にBARからは遠ざかり、表へ飲みに行くとしても、

ボクシングジムの仲間達と集う「闘魂らぁめん」以外は1人で飲んでいたということです。

先日も書きましたが昨年いっぱいまでは『行動を自重したい』という思いが非常に強く、

私自身『知り合いが経営するお店には顔を出したくない』という気持ちでいた訳です。











先日の記事に『2017年からは自重を解禁致します』と書きましたが現在の私にとって、

『リターンが見込める投資以外に高額のお金は使いたくない!』というのが本音であり、

今後の人生設計や『己の城の礎を築くために今何をすべきか?』に集中している所で、

早急に導き出したい「あらゆる可能性を模索すること」以外は2の次で良いと考えます。



BARのことを書きたかった筈が内容がタイトルより逸脱してしまい申し訳ありませんが、

私が通い続けたBARが無くなることへの寂しさに加え現在の自身の心境が交錯しており、

本日の様な内容となってしまったことを「私の一身上の都合」として御容赦下さいませ。

勿論、私は既に「新たなるステージ」へ向けて歩み始めておりますからご心配なく。



また、BARに限らず経営不振が続いている客商売のお店は2016年以降も増え続けており、

原因の1つは私が以前から訴えているように「景気回復なき消費増税」であると言えます。

『そこへ行かなくとも十分に楽しめること』であれば高級嗜好であるBARなどは当然ながら、

先陣をきって敬遠されがちなお店ですから、今後もこの手の業種には暗い影を落とし兼ねず、

政府や日銀が犯してしまった「失策」に対し、どのように責任を取らせて行くのかが重要です。











本日もお疲れさまでした。



 END

スポンサーサイト



   

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/1385-7ccbe50c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground