fc2ブログ
2016-12-25

真田丸 ロス







先週の日曜日に最終回を迎えたNHK大河ドラマ「真田丸」。

俳優の堺雅人さんが演じた主人公の真田信繁(幸村)の最後については、

戦国武将が好きな方なら誰もがご存知ですが、やはり見入ってしまうものですし、

堺雅人さんはどんな役柄を演じても視聴者を魅了してしまう天才だと私は思います。











日本史が好きな方の中でも「戦国時代と幕末の維新組」が人気を2分化していることは、

統計を調べずとも想像がつき、その熱狂ぶりは軍師や主君に仕える家臣にまで及びますが、

誰もが知っている徳川家康の軍勢を親子2代に渡って打ち破り、幸村にとって最後の戦となった、

大阪夏の陣では家康の本陣に奇襲を仕掛け、退却を余儀なくされた家康を震え上がらせました。

これ程までにドラマティックな最後を遂げた武将は、やはり幸村の存在が際立っている訳です。



勿論、名立たる戦国武将は他にも沢山おりますし武勇伝も数多く存在致しますから、

好きな武将は皆さん分かれるところではありますが、それでも戦国武将が好きな方で、

『俺は真田幸村は嫌いだ!』などと言う方には、未だかつて会ったことがありません。

また、諸説が分かれているエピソードに関しましては『知ったかぶりするなよ!』と、

幸村ファンの方からお叱りを受ける可能性もありますから詳細は各々でご確認を。



『乱世を終わらせ日本独自の文化を発展させる礎を築いた』という意味においては、

徳川家康の貢献度は大きいと認めざるを得ませんが「1人の武将」という意味ならば、

『鳴くまでホトトギス待っている間に死んじまうよっ!』と私は突っ込みたくなる程です。

勿論そうなった可能性もあった訳ですが、やはり家康は天下人の運を持っていたのでしょう。

戦いに勝って名を上げたのが家康ならば、戦いに敗れて名を上げたのが幸村だと言うことです。











幸村の死に際に関しては『神社で休んでいた所を敵方に見つかり槍で突かれた』や、

精根尽きた幸村が『手柄にせい』と言ったなど諸説あるようですが今回はまた異なり、

今から30年程前に、今回幸村の父親役を演じた草刈正雄さんが主人公の幸村役を演じた、

「真田太平記」では、上記した『手柄にせい』というセリフだったことを覚えております。











最終回のセリフと重なってしまいますが、やはり幸村の生き様を見せ付けられると、

『男なら、幸村のように生き、幸村のように死にたいものだ』と思わず共感致します。

いつの時代にも主君の為に「義」を貫き通し、家族や家臣の幸せを願い続けた幸村。

まだ「真田丸 ロス」から抜け出せていない私は、昨日の再放送まで観てしまう有様w

12月30日(金)に総集編が放送されますから、最後にもう1度楽しみたいと思います。



本日もお疲れさまでした。



 END

スポンサーサイト



   

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/1381-d3fea760
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground