fc2ブログ
2016-11-09

トランプ氏、米国大統領へ







本日のタイトルは、皆さんもご存知の通りですから詳細はニュースをご覧下さい。

「クリントン候補有利」との思惑から反発に転じたマーケットも午後には大暴落し、

日経平均株価も前日比で一時はマイナス1.000円を超える場面も見受けられました。



トランプ氏の勝利がほぼ間違いない状況になってもヒラリー氏の敗北を認めたくない、

一部の評論家やメディアが情報操作をしていたからなのか開票結果にもたつきがあり、

『いい加減に負けを認めさせろよっ!』と午後に入り苛立ちがピークに達していた私は、

マーケットの終了後は早々に買い物に出掛け、ウォーキングをする予定でおりましたが、

本日は「木枯らし1号」が吹いたそうで、あまりの寒さにくじけ予定を取りやめた次第です。



今回の対決は、はっきりと申し上げれば「嫌われ者同士の対決」でしたから、

米国はオバマ大統領が勝利した時のような高揚感に包まれた訳ではありませんが、

過激な言動ばかりが報じられたトランプ氏が勝利したことが国民の声なのでしょう。

英国の「EU離脱」同様、現状に不満を抱く市民達の答えが今回の選挙結果だと言え、

『チェンジ!』を公約に掲げていたオバマ大統領は外交下手で結局何も変えられず、

貧困層を主軸とした米国市民の苛立ちは頂点に達していたというのが実情です。



確かにトランプ氏に政治の経験はありませんから不安がないとは言い切れませんが、

「不動産王」の異名を持つ彼が「優秀なビジネスマン」であることは周知の事実です。

ですから彼の「豊富なビジネススキル」を国政に結びつけるような政策を生み出し、

政治経験の豊富な議員達がトランプ氏の側近としてサポートして行けるのかどうか?

それが今後の課題となって行くのでしょうし、私はお手並み拝見と言ったところです。



本日もお疲れさまでした。



 END

スポンサーサイト



   

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/1370-2e8bc974
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground