fc2ブログ
2016-05-18

海賊船で旅立とう

人気漫画「ワンピース」の読み過ぎだと言われてしまうかもしれませんが、

「法律さえも完全に無視した次元で自由に生きる」という選択肢があるのなら、

私は迷うことなく『海賊になりたい!』と本気で思いますし以前にも書きましたが、

私の好きな言葉は「下克上」であり、好きな生き方は「俺がルール」だと言うことです。



ルパン3世と同じく漫画や映画などでは「ヒーロー化」されることも多い海賊ですが、

「泥棒も海賊も犯罪者」であることは周知の事実であり現実には許されないことですが、

「罪人でありながらも善人には手を出さない存在」に憧れる男は私だけではないでしょう。

私が望んでいるのは「調子に乗っている敵船」を力だけで強引に潰し金品や食料を奪い獲り、

夜は海賊船の仲間達と毎晩のように宴を開き「酒と音楽」をとことん楽しむという人生です。



勿論、私の描いている世界観が「ワンピースそのもの」であることは否定致しませんが、

「ドラゴンボール」の最終話をもって週刊少年ジャンプの購読を止めようと思っていた私が、

心を奪われてしまったのが「ワンピース」の記念すべき第1話で主人公であるルフィに対し、

後に大海賊の船長として世に知られる存在となる「赤髪のシャンクス」が言ったセリフです。



『いいか山賊・・・おれは酒や食い物を頭からぶっかけられようが、つばを吐きかけられようが、

たいていのことは笑って見過ごしてやる・・・だがな!!どんな理由があろうと!!

おれは友達を傷つける奴は許さない!!!』と、セリフにもあります通り、

前回は山賊に絡まれてもヘラヘラと笑っていたシャンクス達でしたが、

幼少期のルフィが山賊達に傷つけられているのを目撃した瞬間に激高し、

シャンクスは結果的に海に突き落とされたルフィを守る為に片腕を失う訳ですが、

『安いもんだ、腕の1本くらい・・・無事でよかった』と山賊に逆らうこともなく馬鹿にされ、

『もっとカッコイイと思っていた』と幻滅したルフィに「男としての格の違い」を見せつけ、

私も「第1話」のシャンクスに心を奪われ、ワンピースの愛読家になったという経緯です。



あ~、海賊になりたい。

仲間は、知性派と武闘派から成る最強のメンバーで10人は欲しいですね。

最後になりますが、本日の格言は『40歳を過ぎても男は海賊が好き!』です。

おそらく本日の記事は「呆れている方」と「共感された方」に2分されたことでしょう。



本日もお疲れさまでした。



 END

スポンサーサイト



   

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/1239-ea5b37e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground