fc2ブログ
2016-03-23

最近のアルバイト事情

おそらく「前回の記事」を読まれた殆どの方が本日のタイトルを読み、

「私のこと」だと思われたはずですし「他人の不幸話」が大好きな方や、

私のことを心配して下さる方々に対しましても誤解のないよう申し上げます。



私は『目標を達成できなかったケジメとして社会復帰致します』と、

わざわざブログに書く必要のない無様な一面までさらけ出しましたし、

本日も株価のチェックをしながら記事を書いているという現状ですから、

これ以上は落ちぶれようがない為、叩かれても何も出てきやしません。



本日の記事は、うちの嫁が責任者を務めているお店での出来事です。

先日、短大生の女の子(だったはずです)が新しくアルバイトとして、

お店に出勤したそうなのですが、僅か2日で辞めてしまったそうです。

理由は『こんなに大変な思いをしてまでバイトしたくありません!』と、

最近の子らしい発言で前に働いていたコンビニに戻ると言ったそうです。



勿論『辞めたい』と言っている方を無理に引き止めることはありませんが、

『お客様に食事を提供する仕事なんだからコンビニ感覚で来られても・・』と、

嫁も呆れ返っておりましたが、私達の世代では考えられない発言だと言えます。

ある意味では『はっきりと本音が言えて凄い!』という解釈もできる訳ですが、

『最近の子は・・』と言っている時点で私も年を取ったんだなと実感致します。



本日の記事は『どちらが正しいのか?』という類の内容ではありませんし、

読者の皆さんに問題提起をしようという意図も無い私の単なる所感ですが、

『私が認識のある世代とは随分と働き手の事情も変わってきたんだな』と、

上記した出来事を聞いて思うところがありましたので書かせて頂きました。



本日もお疲れさまでした。



 END

スポンサーサイト



   

コメント

先日、経営コンサルタントの人と話す機会があり
その時に聞いた話しは今の若者には指示した二割が伝われば合格と思わないとダメだと言われました。

Re:

闘う柔整師くん、やはり時代ですかね?

最近の読者モデルなんかも不思議なタイプが殆どですし、

我々の世代が合わせなければ成立しない時代なのかもしれませんね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/1223-880df09a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground