fc2ブログ
2016-03-12

天才だけが見抜ける才能

毎週金曜日の20時台にフジテレビで放送されている「ダウンタウンなう」ですが、

もはや説明不要であるダウンタウンのお2人と毒舌キャラで再ブレイクを果たした、

俳優で司会業もこなす坂上忍さんの3名による「本音でハシゴ酒」というコーナーが、

現在大変な人気であり私もお酒を飲みながら毎週楽しみに視聴させて頂いております。



このコーナーは上記した大物3名が「最近世間を騒がせた人物」をゲストに招き、

各所にある坂上さん行き着けのお店で待ち合わせをし「お勧めの料理とお酒」を、

全員で楽しみながらも「お酒に酔いながら本音で語り合う」というコーナーです。

ダウンタウンのお2人は絶対に「坂上さんが注文したお酒」を飲まなければならず、

乾杯の1杯目から高級な「日本酒」や「焼酎」といったぶっ壊れようが見物です。



最近では逮捕前の清原容疑者に『本当に覚醒剤とかやってないんですよね?』と、

酔った勢いで坂上さんがぶち込み、清原容疑者がキッパリと否定する場面があり、

その数日後に「逮捕される騒動」へと発展し、この番組が更に注目された訳です。

昨夜は2時間スペシャルでしたからゲストも多く今回も楽しませて頂きましたが、

私が1番興味深かったのはSPゲストではなく、他ならぬ進行役のダウンタウンの、

名も知れていない芸人デビュー前の「吉本養成所」時代のエピソードの件でした。



このエピソードは現在芸能活動を引退した状態にある大御所・島田紳助さんが、

自身の本音として語ったものを20年程前にTVで拝見したことはあった訳ですが、

ダウンタウンの松本さんサイドの視点から話しを伺うのは初めてだったこともあり、

『あのエピソードはやっぱり本当だったのか!』と昨夜は改めて驚かされました。



昨夜の放送をご覧になられた方には重複した内容となってしまいますが、

私が20年程前に視聴した「紳助さんの本人談」は以下のようなものです。

『当時の吉本養成所で、これからデビューする若手が何組か漫才を披露し、

その審査員として招かれたのが当時人気絶頂にあった明石家さんまさんや、

オール阪神巨人の巨人さんや、島田紳助さんなどだった』
というものです。



その審査員席で若手の漫才を観ていた紳助さんが唯一衝撃を受けたのが、

まだ世間では名前も知られていなかったダウンタウンの漫才だったそうです。

『こいつらには漫才で勝てない』と直感で悟った紳助さんは人気絶頂にあった、

自身の漫才コンビ「紳助竜介」を、その数日後にあっさり解散してしまった訳です。

紳助さんの読み通り、その後ダウンタウンが大ブレイクしたのは周知の事実ですが、

昨夜は「ダウンタウンの松本さんの視点」から当時のエピソードが語られました。



照れ屋の松本さんらしく、たどたどしい語り口で話してくれたのは、

紳助さんの話しとは異なるも「それ以上に驚愕のエピソード」でした。

「松本さんサイドの話し」はこうです。

上記した大物先輩芸人の前で漫才を始めたダウンタウンでしたが、

途中から着席した「2人の憧れで目標でもあった島田紳助さん」は、

ダウンタウンに1度も目を向けることなく「たこ焼き」を食べていたそうです。



松本さんは見て欲しい一心で一生懸命「ネタ」を披露し続けたそうですが、

紳助さんは終始「下を向いたまま、たこ焼きを食べ続けていた」そうで、

ダウンタウンの漫才が終わると何事もなかったかのように退席したとか。

当時の松本さんの心境は『こっち見ろやーっ!!』だそうですw



憧れの先輩に1度も漫才を観てもらえなかったダウンタウンでしたが、

その数日後に取材陣に囲まれ聞かされたのが「紳助竜介の解散」でした。

その紳助さんに『1組だけおもろいコンビおったなぁ』と名指しされたのが、

「ダウンタウンの2人」だったと取材陣を通して初めて聞かされた松本さんは、

紳助さんが松本さんに対して感じた「天才性」と同様の衝撃を受けたそうです。



以前「ビートたけしさんのエピソード」でも紹介させて頂きましたが、

『まだ世に知られていない天才を見抜けるのは、やはり天才しかいない』

と言えますし「紳助さんの引き際」には「天才なりの男気」も感じ取れますし、

昨夜のエピソードを拝見し改めて紳助さんの「芸能界復帰」が待ち望まれます。

彼の『交流関係に問題があった』とは言え、犯罪を犯した訳ではないのですから、

自ら「最も重い刑罰」を科し芸能界を去った紳助さんを許してあげて欲しいです。



皆さん、素敵な週末を。



 END

スポンサーサイト



   

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/1220-3b42544e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground