fc2ブログ
2016-02-25

企業買収の末路

業績不振で経営再建中だった「シャープ」ですが本日25日の臨時取締役会で、

遂に台湾の「鴻海(ホンハイ)精密工業」の支援を受け入れることになったと、

ニュースで大きく報じられておりますが、事実上「買収される」ということです。



買収には昔から「友好的買収」「敵対的買収」という言葉が用いられますが、

「一部の例外」はあるものの『資金力が上の企業に経営権が移行する』ことは、

『当然の力関係である』と言え、現在のところ社名や従業員の存続などに関し、

シャープの意向を尊重するような発言もホンハイ側からは出ているようですが、

はっきりと申し上げますが『買収するまではアメを与える!』のが常識です。



「スキルの高い技術者」などは逆に高待遇で受け入れられると思いますが、

製造技術などの知識が全く無い「本社の役員」などはリストラされるでしょう。

『お前達が無能だから会社の経営が行き詰まったんだろうがっ!』というのが、

「買収する側の本音」であり、シャープに尽くしてきた従業員はお気の毒ですが、

「外資に身売りをした経営陣」に同情の余地は無く上記した通りになるでしょう。



前回の記事にあるフィットネスクラブ「忠実屋」という東証一部上場企業の、

「子会社」という立場でしたがダイエーに買収された後は社名も当然消滅し、

ダイエー側の「陰湿なリストラ」により沢山の忠実屋グループの社員達が、

「屈辱的なレベルの降格を受け入れるか退職するしかなかった」訳です。



私が敬愛する投資家「ウォーレン・バフェット氏」のような慈善家であれば、

『買収後も社名や経営権の全てを存続させる』という待遇で迎え入れますが、

彼が全ての買収先から尊敬されているのは、このような器の大きさによるもので、

勿論「優良企業」以外は買収対象ではないものの極めて稀なケースだと言えます。



「日本を代表する家電産業の1つ」台湾企業の傘下に入る可能性が高まったことは、

皆さんもご存知の通り「歴史がある大企業」ですから日本人として喜ぶことはできず、

「日本の高い技術力」が海外の企業に渡ってしまうことが非常に残念でなりません。



本日もお疲れさまでした。



 END

スポンサーサイト



   

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/1215-84701bb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground