fc2ブログ
2015-11-18

マンション契約率の低下

* 以下、記事の一部を引用致します。

『不動産経済研究所が17日発表した10月の首都圏

(東京都、神奈川、埼玉、千葉各県)のマンション発売戸数は、

前年同月比6・5%減の2921戸で、秋商戦ただ中の同月としては、

昭和47年の調査開始以来3番目の低水準だった。売れ行きを示す契約率も、

68・8%と、好不調の目安とされる70%を2カ月連続で下回った。(産経新聞)』


* 以上、引用を終わります。



「杭打ちデータの改ざん」に揺れた2015年となった訳ですが、

それらに対する「契約者の懸念」が強まるのは当然のことですから、

今回の問題が明確に解決されない限り今後も低下して行くと思われます。



2005年元・一級建築士である姉歯氏が行った「耐震強度偽装事件」で、

「建設業界の在り方」に対しては相当な改善要請が入っていたはずですが、

「元請け→下請け→孫請け」という「賃金問題に関する悪循環」がある限り、

「この手の不正」を完全に排除するのは『極めて難しい』と言わざるを得ません。



勿論「マンションの購入者」にしてみれば絶対に許し難い不正である訳ですが、

ある不動産投資家の方が「仲の良い建設業界関係者」から話しを伺った際に、

『良心的な建設会社でも3割は手抜きをしているよ!』と答えたそうです。

これは私が2009年頃に聞いた話しですが「証拠を見た」訳ではありませんし、

あくまでも「不動産投資家の方が聞いた話し」であるとお断りさせて頂きます。



『大企業だけが甘い汁を吸える』という国際社会が抱える問題に対し、

「根本的に見直せるような制度」を確立できなければ建設業界に限らず、

「低所得者層だけが損をする時代」が無くなることはないと私は考えますし、

「マイナンバー制度」の前に政府が取り組むべき問題は山積したままであり、

2015年現在の日本は「景気回復なきインフレ状態」にあることは間違いなく、

『日経平均株価は2万円台回復か?』との声にも冷めた視線の私が居る訳です。



本日もお疲れさまでした。



 END

スポンサーサイト



   

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/1168-9c30e9f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground