fc2ブログ
2015-10-17

現役引退

* 以下、(デイリースポーツ)の記事を引用。

『WBA世界スーパーフライ級タイトルマッチが16日(日本時間17日)、

米国イリノイ州シカゴのUICパビリオンで行われ、

王者・河野公平(34)=ワタナベ=が3-0の判定で、

元世界3階級王者で同級2位の亀田興毅(28)=K3BOX&FIT=を下し、

2度目の防衛に成功した。4階級制覇に失敗した亀田は試合後、

「これ以上先はない」と、現役引退を表明した。(デイリースポーツ)』


* 以上、引用終わり。



試合は今晩だと思っておりましたが「録画」のようですね。

チャンピオンの河野選手は2R目に亀田選手からダウンを奪い、

記事の詳細を読んだ限りでは「文句なしの判定勝ち」だったようです。

私は亀田選手のファンではありませんが「引退の表明」には驚きました。

勿論デビューした頃から彼ら「亀田家」の悪態ぶりには呆れていた訳ですが、

おそらくは親父さんに言われて「パフォーマンスをしていただけ」なのでしょう。



世界チャンピオンになった当初こそ『まだチャンピオンのレベルではない』と、

認めてはおりませんでしたが現在の彼なら『世界を取れるレベルではある』と、

純粋に「実力だけを重視」した場合『認めてあげてもいい』とは思います。

「3階級制覇」に関しましては公式レコードとして記録されてしまった以上、

今更私が何を言ったところで仕方がない訳ですが納得はしておりません。



「疑惑の判定」による世界タイトル初奪取というスタートだった訳ですが、

いずれにせよ『後に世界チャンピオンにはなれた』ことだけは認めます。

亀田選手は「様々な意味で」世間を騒がせ続けてきたボクサーでしたが、

「長男として」の彼は立派に家族や兄弟を支えてきたと想像できますし、

どのような選手活動であれ必ず「現役を引退する日」が訪れる訳ですが、

今後は父親としても長男としても「素顔の自分」で生きて欲しいものです。



また、この記事は亀田興毅選手を誹謗中傷するものではありませんし、

「プロボクシング関係者」である私の目から見た「純粋な見解」であり、

引退を表明した亀田興毅選手には『お疲れさまでした』と書かせて頂きます。



皆さん、素敵な週末を。



 END

スポンサーサイト



   

コメント

運命を分けた第2R。
流れ的には河野はダウンが妥当だったのではと思ってしまいます。

Re:

闘う柔整師くん、返信が遅くなり申し訳ありません。

俺も「あの場面」はダウンだと思います。

あのラウンド以降は2人とも汚い打ち合いばかりで残念でした。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/1155-9f287aa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground