fc2ブログ
2015-10-15

不正は暴かれるもの

連日ニュースなどで大きく報じられておりますから詳細は省きますが、

皆さんもご存知の通り「大手企業による不祥事」が相次ぎ株式市場では、

不祥事に関わった(と思われる銘柄までも)叩き売られるという有様です。



前回の不祥事に引き続き「防振ゴムのデータ改ざん」を行っていたとして、

社会的信頼を失いかけていた「東洋ゴム工業」3度目のデータ改ざんが発覚し、

これは呆れると言うよりも『この会社は終わったな』と断言できるレベルであり、

私が取引先の業者であれば『2度と発注はしない』と考えるのは当然のことです。



また『これは完全な濡れ衣でした!』と事前に補足を加えておきますが、

「横浜市のマンション」で発覚した施工不良の問題で工事を請け負っていた、

「三井住友建設」が昨日は朝から大暴落し「ストップ安」まで売り叩かれました。

しかしその後、設計に携わっていた「旭化成の子会社」による不祥事であり、

『三井住友建設側は何も知らなかった』と報じられると立場は入れ替わり、

本日は「三井住友建設が買われ、旭化成が売られる」という逆転現象に。



本当に不正を働いた企業であれば「とことん売り潰される」のは当然であり、

私も同情するつもりはありませんが可哀想なのは三井住友建設の株主です。

前日は「109円」ストップ安まで叩き売られ恐怖で投げ売った方も多く、

それが本日は「133円スタート」「134円引け」という底堅さでした。



実は私も「2日前まで」この三井住友建設の株を保有していた訳です。

私はこの日『162円を越えられなかったら売ろう』と決めて売買をしており、

結局『このままでは越えられない』と判断し引成(終値で全て売る)で決済。



本当に「運が良かっただけ」ですが、この翌日に上記したニュースが報じられ、

仮に持ち越していた場合は「始値の142円」で売ったとしても大きな損失となり、

私は「運の良さ」に感謝するのと同時に改めて「持ち越しのリスク」を実感し、

今後も連鎖が続きそうな「大企業の不祥事」に改めて懸念を抱いております。



最後になりますが『不正はいつか必ず暴かれるもの』ですから経営者の方には、

『正しいことを行い、社会貢献をした上で堂々とお金を儲けて下さい!』と、

私は訴えたいですし『社会的信用を失った企業の存続は難しい』と言うことです。



本日もお疲れさまでした。



 END

スポンサーサイト



   

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/1154-03b9dde3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground