fc2ブログ
2015-09-17

安保法案と米国の利上げ

安倍内閣が今週中の成立を目指し強行し続けてきた「安保法案」ですが

ニュースなどで報じられているように反対する野党側との激しい攻防戦となり、

海外要因としましては現在開催中の「FOMC」で米国のイエレンFRB議長による、

『米国の利上げ発言は出るのか?』との思惑から波乱の展開もあり得るところです。



今週は重要イベントの通過を控え「神経質な展開」が続いた株式市場ですが、

本日は全く荒れることなくジリジリと高値を更新し続ける展開で取引きが終了。

まるで『世界同時株安の今、トドメを刺すような暴落は避けるだろう?』と、

日本時間では明日の深夜3時頃に予定されているイエレン議長の発言に対し、

『9月の利上げはない』との楽観論をマーケットが織り込んだ形となりました。



『・・・何だか嘘くせェ上げかたしてるよな?』と午前中から疑いつつも、

「下げる気配」が感じられない以上私も素直に「買い」でエントリーしましたが、

『9月の利上げはない』のか?『利上げ自体を既に織り込んでいる』のか?

憶測ではなく「今夜の米国市場の反応」を観るまで全く解らないことから、

「午前の買いポジション」も「午後の買いポジション」も全て利確致しました。



「更なる暴落」が起きても不思議ではない状況で「持ち越し」などはできず、

案外『9月に利上げを行う!』宣言から「株価はトドメの大暴落」に発展し、

『明日はバーゲンセールになる展開頼む』と私は1人で妄想しておりますが、

いずれにせよ「ポジション0」の状態ですから安心して明日の朝を迎えられます。



私であれば『絶対に上げる日が来るんだからこれ以上引っ張るなよっ!』と、

「ハト派」であるイエレン議長に申し上げたいですし株価がどのように動こうと、

『マーケットが利上げを織り込まない限り株価は下げ止まらない』と考えます。

ですから「信用買いの含み損」を抱えている投資家が朝から失禁してしまう程の、

この世の終わりレベル「ブン投げ大暴落相場」で一掃して頂きたいものです。



また「日本の国債」は格付け会社のS&Pによって「1段階引き下げ」となり、

これは2011年1月以来「4年と8ヶ月」ぶりのことで中国や韓国よりも格下です。

これは実体経済はともかくとして『日本の景気回復は更に遠のく』と判断され、

『安倍内閣の政策に対する評価も引き下げられた』と観ることもできます。



本日もお疲れさまでした。



 END

スポンサーサイト



   

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/1139-e1782cf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground