fc2ブログ
2015-07-26

自分を検索してみると・・

皆さんは「自分の名前」をインターネットで検索したことはありますか?

私は初めてパソコンを購入した5年前に1度検索をしてみたことがあります。

その当時の情報は『稲垣勇輝を1RKOに下し東日本新人王を獲得・・』という、

対戦相手のプロフィール「トップ検索」として表示される不名誉ぶりでしたw

勿論その後、日本と東洋のベルトを巻き世界タイトルにまで挑戦した男ですから、

今となっては光栄なことですし「初のタイトル」を競い合った懐かしい思い出です。



あれから5年の歳月が流れ「私の名前」を検索すればどうなるのか?

ふと気になったものですから久しぶりに「稲垣勇輝」と入力し検索してみた訳です。

すると、上記したプロボクサー時代の情報は消え「先頭に表示」されていたのは、

「ツイッターに掲載している私のプロフィール」であることを本日初めて知りました。

2年と7ヶ月間「実名で」情報発信を行ってきたこともあり「私自身の情報」が満載です。



また「検索結果の4行目」には1994年生まれで私と同姓同名の男性がおり、

彼もツイッターをやっているらしく私同様「プロフィール」が掲載されておりました。

「漢字まで全て同じ人」を見つけると妙な親近感が湧き上がるから不思議です。



中には「私のツイート」『良い呟きを見つけました』と自身のブログに掲載し、

『呟いたのはこの方 ↓』と私のアカウントや名前を添付している女性も見受けられ、

自分の知らないところで「自分の発信した情報」が動いていたことには驚きましたし、

『無責任なことは絶対に書けないな・・』と改めて考えさせられた瞬間でもありました。



1つだけ納得できなかったのは「ブログに掲載された私の記事」の中で、

トップに掲載されていた「ある記事」を先頭から8行目で発見した時です。

これまで「私なりに」良い記事もたくさん書いてきたと自負しておりますが、

『よりによって・・どうしてこんな記事がトップに掲載されるんだよ?』と、

読んだ私が目を疑いたくなるような「ふざけた記事」が堂々のトップでした。



え?内容ですか?アホ過ぎて書けません。

2013年の8月に書いた「夏休みの思ひ出」という記事です。

客観的に読んだ私が『コイツ、頭おかしいんじゃねェか?』と、

同姓同名の他人が書いたのだろうと本気で思っていた程ですからw



『アクセス数が多いほどトップに表示される』とアフィリエイターに聞きましたが、

あのような「ふざけた記事」にアクセスが集中していたということなのでしょうか?

読者の皆さんも「生き恥」をさらすような情報は発信せぬようお気をつけ下さい。



本日もお疲れさまでした。



 END

スポンサーサイト



   

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/1107-70c9928b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground