fc2ブログ
2015-07-06

笑うヘッジファンド

「ギリシャ問題」とダブルパンチで市場を混乱に陥れているのが中国の株式市場

私は「外国株の取引き」も許可されておりますが国内株以外は手掛けたことがなく、

正確な数値までは把握しておりませんが「中国株の大暴落」が止まらない訳です。



ギリシャ問題と同様に『中国バブルの崩壊か?』とニュースで報じられておりますが、

私に言わせれば『・・え?とっくに崩壊しているけど知らなかったの?』となります。

以前の記事でも触れましたが『バブル崩壊は過去形になるまで判らないもの』であり、

「実体経済とはタイムラグがある」ことからチャート上に現れた時は既に手遅れです。



中国政府は株価下落対策に加え「売り崩しの犯人探し」に躍起になっている模様。

仕掛けたのは勿論「海外のヘッジファンド勢」であることに間違いありませんが、

中国人が高値更新に浮かれている間に売りポジションを増やして行ったのでしょう。

勿論「きっかけ」を作ったのはヘッジファンドですが彼らは中国市場全体で見た場合、

市場参加者の1%にも満たないと言われており取り締まるのは不可能だと言えます。



中国政府には『それ、殆どおたくの国民の投げ売りだから』と言いたいですし、

高値圏で仕掛け終わっているヘッジファンドは笑いが止まらないのが実情です。

中国政府の必死の株価操作により何度か反発を見せる場面も当然ありましたが、

全ては「戻り売りの急所」にしかならず「負のスパイラル」は現在も継続中です。



勿論いつかは必ず「下げ止まる」訳ですが私にそれを予測することはできません。

日本も上記したダブルパンチに足を引っ張られ本日は大きく値を下げておりましたが、

全ての理由付けは「後解釈」であり何度も記事にしてきましたが結局のところは、

『日本株も売りが出やすい水準まで上がった』という結論に達する訳です。



私も『先週の売りポジションを持ち越していればなぁ・・』と素直に思いましたが、

『1円も損をしていないだけマシだな』と気持ちを切り替え再び短期売買に徹します。

『まずは生き残れ!儲けるのはそれからだ ~ ジョージ・ソロス』



本日もお疲れさまでした。



 END

スポンサーサイト



   

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/1092-77eec718
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground