fc2ブログ
2015-06-13

20年の絆

昨夜は私が在籍していた「ボクシングジムの会長」3年ぶりに話しをしました。

『話した』と申しましても直接お会いした訳ではなく電話でのやり取りでしたが、

あれこれと話し込んでいるいる内に40分以上が経過していた程の長い通話でした。



2012年の8月に「母親の死去」を受け実家へ帰省する為に駅へ移動したところ、

偶然にも会長と「同じ時刻の高速バスに乗り合わせた」のが最後の会話でした。

実は昨年の1月に会長から留守電が入っており『連絡を下さい』とのことでしたが、

会長の口利きで紹介して頂いた「前職」を何の断りもなく辞めてしまったこともあり、

結局私が返信することはなく会長からの連絡も途絶えたのは言うまでもありません。



「行きつけのBAR」が2軒立て続けに閉店したことを受け私にも心境の変化があり、

先週までの休養から「脱サラ3年目のケジメ」を自分なりに付けたいと思いました。

そこへ来て古巣であるボクシングジムが4月で「設立20周年」を迎えたこともあり、

私のほうから『会長、どうしているのかな?』とためらうことなく電話をかけた訳です。



連絡を絶ったのは私ですから会長に『今更何だよ?』と言われても構いませんでした。

しかし会長は3年前と変わらぬ口調で『お~、元気でやってるか?』と電話に出てくれ、

私のブログを読んでいる誰かから近況は聞いていたらしく特に質問もありませんでした。

むしろ『1人でやって行くのは大変だぞ~、俺なんて年中休みなしだからなぁ!』と、

私に対して様々なエールと取れるような言葉を通話中に何度もかけて頂きました。



また『何やったっていいと思うぞ!自分で決めたこと一生懸命やってりゃあ!』と、

会長らしい激励の後で『でもな・・・絶対にブレるなよ!』とも言われました。

『ラーメン屋を始めたのに上手く行かないからって居酒屋に変えるとかな』と続け、

『美味いラーメンを作ることに一生懸命になれない奴は芯がブレているから、

結局は他の商売に手を出しても成功するはずがない!』というものでした。



極めて正論であると同時に『私自身もブレていた』と改めて気づかされた訳です。

「今やるべきこと」「今やる必要のないこと」は私自身が十分理解しておりますし、

「ボクシングを勝手に辞めた」のも私なら「トレーナーとして戻った」のも私であり、

『自分の人生は常に自分で切り開いて行く以外に道はない!』ということです。

会長と私は付かず離れずで結局のところ「20年の絆」で結ばれているのでしょう。



『お前を会員NO.1番にして本当に良かったよ』という言葉は今でも思い出されますし、

お礼を言おうとした私に対し『電話、ありがとうな』と先に言ってくれたのも会長でした。

現在日本ランカーとなった「元・教え子の試合」8月に控え多忙な日々のようですが、

会長とは『お互いに落ち着いたら飲みましょう』と約束を交わし通話を終了致しました。



休養中に考えていたことに加え本日の記事で現状の全てを書ききることができました。

「終わりに近づくほど花火が艶やかさを増す」とはこのような文脈なのでしょうか?

賛否はともかく今月に入ってからの記事は私にとって十分に納得できるものでした。

先月末に「不定期更新」を宣言したことで既に読まれていない方も多いはずですが、

私も「自分の決めた道」をブレることなく歩み続けて行きたいと改めて決意致しました。



ご拝読頂き誠にありがとうございました



 END

スポンサーサイト



   

コメント

良かったね、、、

会長と喧嘩別れして七年、、、まあこれだけ近所だとたまに顔も見るけど。
雪かきの手伝いに来てくれたり、試合で話もしてるんだけど、、、ちょっと電話する気にはならないなあ。


、、、でも少し稲さんが羨ましい気もするよ。良かったね。

Re: 良かったね、、、

ポッチンさん、もう7年になりますか?

確かに付き合いが無くなってから出戻ったのは俺1人かも知れません。

それでも俺がパイプ役になれば一緒に飲める日も来ると思います。

会長も喧嘩別れしたのは悔やんでいると思いますよ、きっと。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuuki20120509.blog.fc2.com/tb.php/1077-2ab98bb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 「Y's BAR」 へようこそ. All rights reserved. Template by Underground